ホーム > タグ > PDCA

PDCA

ECサイト運営の課題解決完結編:アクションプランと実行

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
戦略企画ドットコムの三宅です。

今までECサイト運営に関する課題とその課題解決
方法に関して、ステップで説明してきました。

今回は、あなたに実際にアクションを起こして
もらうため、そのアクションプランに関して説明
したいと思います。

では、既にECサイトを運営している人は、以下の
ステップに従って、実行してみて下さい。

(1)LTV、CPOの計算(最初は仮説でOK)
まず最初に自分のビジネスにおいて、一人の顧客が
生涯に渡りもたらしてくれる利益を計算します。

これがLife Time Value(LTV)です。
過去に実績がない場合は、仮説で良いので計算
してみて下さい。

次にCost per order(CPO)を計算します。
1件受注するのに必要なコストですね。
一人のお客さんを開拓するコストでも大丈夫です。

※新規顧客開拓費用は、既存顧客からリピートオーダー
をもらう費用の5倍かかると言われています。

LTV>CPOの場合は、問題ありませんが
LTV<CPOの場合は、利益が出ないので
LTVを上げる、CPOを下げる方法を考えて下さい。

(2)売上目標の設定
次に年間の売上目標を立てます。これは、
・自分がいくら稼ぎたいのか?
・なぜ、その金額なのか?

を明確にしましょう。思考は現実化すると言われて
いますので、年度の初めにしっかり売上目標を立てる
ことをお勧めします。

(3)売上目標をプロセス目標に落とし込む
自分が立てた目標に対して、その売上目標を達成
するためのプロセス目標を月別に設定します。

例えば、
・顧客数
・LPへのアクセス数
・コンバージョン率(転換率)
などを設定していきます。

売上=顧客数×平均単価×購入回数
なので、それぞれの要素を分解して考えると
分かりやすいと思います。

(4)プロセス数を計測し、管理する仕組みを構築する
実行に移した後は、(3)で設定したプロセス数を計測し
設定したプロセス目標との乖離を出して、改善策を検討、
それを実行します。

(5)販売サイトのSEO対策も同時進行で進める
CPOを下げるためには、無料で濃い見込み客からのアクセスを
集める必要があります。そのためには、自分でSEO対策を
施しましょう。

SEO対策会社へSEO対策を依頼するという方法もありますが
その場合は、CPOが上がってしまいますので、可能な限り
自分で対策することをお勧めします。

一番良い方法は、WordPress(ワードプレス)でブログ
を運営しながらSEO対策していくやり方
です。
ブログ集客に関しては、「ブログ集客パック」のページ
をご覧下さい。

(6)結果を計測しながら、最適化を繰り返す
今まで説明してきた(1)から(5)のプロセスを
繰り返し、最適化していきます。つまり、Plan-Do-Check-Action
のPDCAサイクルを回して行きます。

以上がECサイト運営に関するノウハウになります。

これらのノウハウは、ECサイト運営だけでなく、ほとんど
のビジネスで応用が可能です。是非、自分のビジネスに
落とし込んで、実行し、成果を上げてほしいと思います。

では、今までECサイト運営に関する連載記事を書いて
きましたが、これで一旦終了したいと思います。

●追伸:ブログ集客パックの特別料金と特別特典は
残り1社(1名)となりました。迷っている方は
まずは無料相談へお申し込み下さい。

ブログ集客パックの詳細はこちら

無料相談は、こちらからお願いします

戦略企画.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

面接のポイント(自己分析)・中小ベンチャー企業の採用戦略(Vol.10)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
戦略コンサルタントの三宅巧一です。

戦略コンサルタントブログ ”気づきのシェア”86回目の記事になります。
まだ、1回目85回目の記事をお読みでない方は、是非ご覧下さい。

私が運営している”グローバルプロフェッショナルキャリア研究所(GPC研究所)”
も是非見て下さいね。こちらは、個人向けの戦略的キャリアアップ支援サイトになります。
会社に依存しない”グローバル・プロフェッショナル”を目指す会社員応援メルマガ
(無料)を発行していますので、宜しければこちらからご登録下さい。
http://www.mag2.com/m/0001000664.html
※現在、読者は1,180名ぐらいです。

また、戦略コンサルタントブログ”気づきのシェア”メルマガ版も配信しています。
最新記事の投稿と同時にメルマガでも配信しますので、定期購読者の方には便利です。
宜しければ、こちらからご登録下さい。⇒ http://www.mag2.com/m/0001001632.html
※お蔭様で、読者は13,200名を超えました!

年が明けてから早いものでもう1か月経過しましたね。
年初に今年の計画を立てた方が多い?と思いますが、着実に一歩ずつ前に進んでいますか?

私は、元旦の日に3つの目標を立てましたが、今のところ確実に実行しています。
この調子で継続していきたいと思ってます。

さて、今回は、久しぶりに”中小・ベンチャー企業の採用戦略”に関する記事を書きたい
と思います。ずーっと連載で書いていたのですが、ちょっと他に書きたい記事がいろいろ
と重なりましたので、結構間が空いてしまいました。

ちょっと、復習しましょう。

まず、採用選考基準で大切なことは、以下の3つでしたね。覚えてますか?

(1)目指している方向性(ベクトル)や価値観が合っているかどうか?
(2)担当して頂く業務内容を遂行できる能力があるかどうか?
(3)求職者が描いているキャリアビジョンを達成するための機会を提供できるかどうか?

求職者との面接における質問内容としては、

◆質問1.キャリアビジョンを教えて下さい。
◆質問2.あなたの強みを3つ教えて下さい。

でしたね。

そこで、今日は3つ目の質問になります。

◆質問3.キャリアビジョンと現状のギャップは何でしょうか?

これが3つ目の重要な質問になります。

質問1.でキャリアビジョンに関しては分かりました。
そして、質問2.では、求職者の強みが分かり、それを想定している業務の中でどう活かし、
貢献してもらえるのかが分かったはずです。

そこで、この3つ目の質問になるわけです。

つまり、将来なりたい自分があり、現状の自分があるわけですが
そのなりたい自分になるためには、現時点で何が不足しているのか?

言葉を変えると、”キャリアビジョンと現状のギャップは何か?”ということが大切に
なります。この”自己分析”がしっかりできているかどうかをチェックします。

この能力は、普段の業務の中でもよく使います。

例えば、業務の中でも目指している目標があり、現在地があります。
目標達成に向けて、常に課題を抽出し、その対策を考え、実行し、結果を検証、また次の
アクションを起こすというPDCAサイクルを回すことになります。

この”自己分析”がしっかりできている人が少ないような印象を持っています。
これは、面接の前にしっかり考えておかないとなかなか答えられない内容です。

求職者としては、強みを活かしその会社に貢献すると同時に、足りないところを強化する
ための業務経験やノウハウを得るために転職するわけですよね。

従って、ここが不明確なまま入社してしまい、自分がやりたかったことが出来ないと
なると、また転職を繰り返すこととなり、企業側・求職者側共に不幸なことになって
しまいます。

このお話は、上記採用選考基準(3)に関するお話になります。
企業側としては、求職者がキャリアビジョンを達成するための機会を提供できるのか、
しっかり見極める必要があると思います。

では、本日のブログはここまでにしたいと思います。

追伸:採用面接は、結構難しいですよね。人を見極めるというのは、相当な経験値が必要
だと思います。ただ、世の中には人材アセスメントツールという便利なものがありますので
それを参考資料として活用するのも一つの方法です。

こちらのランディングページの中に、人材アセスメントツールの紹介がありますので
人材採用や社員のスキルアップ教育・研修、能力開発などに興味がある方は、覗いてみて下さい。

⇒ https://svc.rands-co.com/ha_mendan/

私も、前職時代、自分の部下を採用する時に、この人材アセスメントツールを活用していました。
日本人だけではなく、全世界で実績があるアセスメントツールなので、外国人の方にも
適用可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム > タグ > PDCA

カレンダー
« 1 月 2020 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る