ホーム > ネット通販 のアーカイブ

ネット通販 のアーカイブ

ECサイト運営の課題解決完結編:アクションプランと実行

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
戦略企画ドットコムの三宅です。

今までECサイト運営に関する課題とその課題解決
方法に関して、ステップで説明してきました。

今回は、あなたに実際にアクションを起こして
もらうため、そのアクションプランに関して説明
したいと思います。

では、既にECサイトを運営している人は、以下の
ステップに従って、実行してみて下さい。

(1)LTV、CPOの計算(最初は仮説でOK)
まず最初に自分のビジネスにおいて、一人の顧客が
生涯に渡りもたらしてくれる利益を計算します。

これがLife Time Value(LTV)です。
過去に実績がない場合は、仮説で良いので計算
してみて下さい。

次にCost per order(CPO)を計算します。
1件受注するのに必要なコストですね。
一人のお客さんを開拓するコストでも大丈夫です。

※新規顧客開拓費用は、既存顧客からリピートオーダー
をもらう費用の5倍かかると言われています。

LTV>CPOの場合は、問題ありませんが
LTV<CPOの場合は、利益が出ないので
LTVを上げる、CPOを下げる方法を考えて下さい。

(2)売上目標の設定
次に年間の売上目標を立てます。これは、
・自分がいくら稼ぎたいのか?
・なぜ、その金額なのか?

を明確にしましょう。思考は現実化すると言われて
いますので、年度の初めにしっかり売上目標を立てる
ことをお勧めします。

(3)売上目標をプロセス目標に落とし込む
自分が立てた目標に対して、その売上目標を達成
するためのプロセス目標を月別に設定します。

例えば、
・顧客数
・LPへのアクセス数
・コンバージョン率(転換率)
などを設定していきます。

売上=顧客数×平均単価×購入回数
なので、それぞれの要素を分解して考えると
分かりやすいと思います。

(4)プロセス数を計測し、管理する仕組みを構築する
実行に移した後は、(3)で設定したプロセス数を計測し
設定したプロセス目標との乖離を出して、改善策を検討、
それを実行します。

(5)販売サイトのSEO対策も同時進行で進める
CPOを下げるためには、無料で濃い見込み客からのアクセスを
集める必要があります。そのためには、自分でSEO対策を
施しましょう。

SEO対策会社へSEO対策を依頼するという方法もありますが
その場合は、CPOが上がってしまいますので、可能な限り
自分で対策することをお勧めします。

一番良い方法は、WordPress(ワードプレス)でブログ
を運営しながらSEO対策していくやり方
です。
ブログ集客に関しては、「ブログ集客パック」のページ
をご覧下さい。

(6)結果を計測しながら、最適化を繰り返す
今まで説明してきた(1)から(5)のプロセスを
繰り返し、最適化していきます。つまり、Plan-Do-Check-Action
のPDCAサイクルを回して行きます。

以上がECサイト運営に関するノウハウになります。

これらのノウハウは、ECサイト運営だけでなく、ほとんど
のビジネスで応用が可能です。是非、自分のビジネスに
落とし込んで、実行し、成果を上げてほしいと思います。

では、今までECサイト運営に関する連載記事を書いて
きましたが、これで一旦終了したいと思います。

●追伸:ブログ集客パックの特別料金と特別特典は
残り1社(1名)となりました。迷っている方は
まずは無料相談へお申し込み下さい。

ブログ集客パックの詳細はこちら

無料相談は、こちらからお願いします

戦略企画.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS リーダーで購読する

ECサイト運営の課題解決ステップ9:見込み客を教育する

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
戦略企画ドットコムの三宅です。

冒頭ちょっとお知らせがあります。
この前、Facebookページ・理系的業績アップ研究会
「理系的業績アップ度診断というFacebookアプリを
設置しました。」

というお話をしましたが・・・
気づきのシェアの読者の方は、まだ、Facebookを
やっていない人も多いので、Facebookアプリではない
一般バージョンの診断アプリを「戦略企画.com」と
気づきのシェア」に設置しています。

そして、名前もマニアックすぎたので、もう少し
分かりやすい名前「戦略脳度診断」に改名しました。

どなたでも無料で、個人情報を入力することなく
気軽に「戦略脳度」を診断できますので、宜しければ
お試し下さい。

「戦略脳度診断」はこちらをクリック!

画面のイメージはこんな感じです。

全30問で、質問に答えていくとあなたの
戦略脳度(戦略的にビジネスを推進しているか
どうか?)が無料診断されるという
アプリになります。

なお、評価方法は点数に応じたA・B・C・Dの
4段階評価です。

これであなたの現時点における戦略脳レベルが
分かるので、是非チャレンジしてみて下さい。
ちなみに企画者の私は、A判定でした(笑)。

「戦略脳度診断」はこちらをクリック!
では、本日の本題に入りたいと思います。

久しぶりにECサイト運営に関する連載記事に戻ります。

本日のテーマは、
ECサイト運営の課題解決ステップ9:見込み客を教育する
です。

前回のECサイト運営に関する連載記事では、ランディングページ
(LP)を活用することによって、見込み客を見える化する
というお話をしました。

今回は、見えるようになった見込み客に対して
悩みを解決するための”教育をする”というお話です。

既に無料オファーやフロントエンドの提案に対して
反応してくれた見込み客は、あなたが提供している
商品やサービスに興味を示しています。

そのため、個人情報である名前やEメールアドレスを
提供してくれました。

そこで、そのEメールアドレスに対して、更に価値ある
情報をメルマガで配信してみましょう。

その時のポイントは、

●有料並みの価値が高い情報を提供する
●情報の量も多くする(つまり配信回数を多くする)
●一回の配信では、一つのテーマに絞ってメルマガを書く

になります。

これを聞くとあなたは、

そんなにメルマガを配信したら、嫌がられる
のではないか(登録解除されるのでは・・・)?

と思われるかも知れませんが、それで登録を解除する
見込み客は、そもそも”見込み客ではなかった”可能性
が高いです。

恐らくその人は、、、

ただ単に無料だったので、とりあえず反応してみた。
もう、無料の情報を手に入れたので、特にメルマガを
読む必要はない、だから解除する。

という心理状態だと想像します。つまり、最初からあなたが
提供している商品・サービスに対して、お金を払って
買う意思がなかった可能性が高いです。

但し、あなたがメルマガでどうでもいい情報ばかり配信
していたら、当然メルマガを解除されるので、先ほど
説明した3つのポイントは外さないようにして下さいね。

私のクライアントの事例ではありませんが、メルマガを
ほぼ毎日配信するようになったら、売上が3か月後に
3倍になった
という事例があります。

また、私のクライアントの場合は、ブログを毎日アップ
したら、アクセス数が1か月で約3倍
になりました。
それに比例して、問合せや無料体験の申込も前月の約4倍
に増えています。

ブログを更新すると、まぐまぐのメルマガでも配信
するようにしているのですが、特に読者数は減って
いないです。

毎日配信されても、本当に関心がある内容で、中身も
良ければ解除されないということですね。
また、私自身、複数のメルマガを毎日読んでいます。

あなたも、今までの倍以上の量で、ブログやメルマガ
を書いてみて下さい。何か大きな変化があるかも
知れませんよ。

私も配信回数を増やしたいところですが、既に
・4つのブログを運営
・3つのメルマガ配信(まぐまぐ)
・2つの独自メルマガ配信

という状況なので、これ以上配信回数を増やすと
パンクしそうです(笑)。

では、本日の気づきのシェアは、ここまでにしたいと
思います。

戦略企画.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS リーダーで購読する

ネットショップ・ECサイト運営の課題解決ステップ4:コンセプト

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
戦略企画ドットコムの三宅です。

GWに入って4日目ですね。
あなたは、何をしてGWを過ごされていますか?

私は、本日までは普段通り仕事の毎日なのですが、
明日から山梨県の清里へ2泊3日の旅行に
出かけます。

大学・大学院は山梨大学だったので、甲府に
住んでいました。盆地なので、夏は非常に暑く、
冬は非常に寒いです。

スキー場が近くにあったので、冬はスキー
ばかりしていました(笑)。一応、準指導員です。

でも、1998年にアメリカへ駐在してから今まで
指導員講習会に全く参加していませんので、
恐らく指導員資格は抹消されている?
と思います(苦笑)。

学生時代を過ごした思い出の地で、
ゆっくり過ごそうと思います。
当時お世話になったアルバイト先の英語塾
にも顔を出す予定なので、非常に楽しみです。

さて、本日のテーマは

ネットショップ・ECサイト運営の
課題解決ステップ4:コンセプト

についてお話しますね。

コンセプトに関しては、このブログで何度も
お伝えしています。
非常に重要な要素で、これ次第で売上が
大きく変わります。

ECサイト全体のコンセプトも重要ですし
商品・サービスのコンセプトも重要です。

ただ、他社の商品やサービスを販売している
場合は、商品・サービスだけで見込み客が
思わず反応してしまうコンセプトを作り上げる
ことは簡単ではありません。

あなたのネットショップでしか販売されて
いない商品であれば良いのですが、いろんな
ネットショップで販売されている商品は
独自のコンセプトを作るのが難しくなります。

このようなケースでは、ECサイト全体の
コンセプトが重要となります。

では、どうやってコンセプトを考えれば
良いのか?ですが、以下の順番で考えていくと
比較的まとめやすいと思います。

■ステップ1:見込み客を特定する

■ステップ2:提供する価値を表現する

■ステップ3:悩み解決・欲求を満たす特長ある方法を表現する
※あなた独自の売り(USP)をコンセプトに入れる

■ステップ4:ギャップや意外性の要素を加える

■ステップ5:不要な言葉を排除し、シンプルな表現にする

私は、コンセプトを考える時は、いつも
この順番で考え、まとめています。

ただ、これを考える上で、準備しないといけない
材料がたくさんあります。

その材料に関しては、長くなりそうなので
また別の機会に説明したいと思います。

ここでは、”コンセプト”が非常に重要である
ということを分かって頂ければ良いと思います。

次回は、課題解決ステップ5:無料オファー・フロントエンド

に関して解説します。

●追伸:GW明けに「ネット集客」に関する無料メール
講座を開講します。

SEO対策会社不要&広告宣伝費不要
「ブログを活用して集客エンジンを作る方法」

戦略企画ドットコムの「ネット集客」の裏側を
公開します。ご興味がある方は、こちらより事前登録
をお願い致します。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=92105

戦略相談箱

PR:東京の会計事務所「今井会計事務所」はネットショップに強い会計事務所

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS リーダーで購読する

ホーム > ネット通販 のアーカイブ

カレンダー
« 5 月 2017 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る