ホーム > ECサイト運営 | WEBマーケティング | ネットショップ | ネット通販 > ネットショップ・ECサイト運営の課題解決ステップ4:コンセプト

ネットショップ・ECサイト運営の課題解決ステップ4:コンセプト

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
戦略企画ドットコムの三宅です。

GWに入って4日目ですね。
あなたは、何をしてGWを過ごされていますか?

私は、本日までは普段通り仕事の毎日なのですが、
明日から山梨県の清里へ2泊3日の旅行に
出かけます。

大学・大学院は山梨大学だったので、甲府に
住んでいました。盆地なので、夏は非常に暑く、
冬は非常に寒いです。

スキー場が近くにあったので、冬はスキー
ばかりしていました(笑)。一応、準指導員です。

でも、1998年にアメリカへ駐在してから今まで
指導員講習会に全く参加していませんので、
恐らく指導員資格は抹消されている?
と思います(苦笑)。

学生時代を過ごした思い出の地で、
ゆっくり過ごそうと思います。
当時お世話になったアルバイト先の英語塾
にも顔を出す予定なので、非常に楽しみです。

さて、本日のテーマは

ネットショップ・ECサイト運営の
課題解決ステップ4:コンセプト

についてお話しますね。

コンセプトに関しては、このブログで何度も
お伝えしています。
非常に重要な要素で、これ次第で売上が
大きく変わります。

ECサイト全体のコンセプトも重要ですし
商品・サービスのコンセプトも重要です。

ただ、他社の商品やサービスを販売している
場合は、商品・サービスだけで見込み客が
思わず反応してしまうコンセプトを作り上げる
ことは簡単ではありません。

あなたのネットショップでしか販売されて
いない商品であれば良いのですが、いろんな
ネットショップで販売されている商品は
独自のコンセプトを作るのが難しくなります。

このようなケースでは、ECサイト全体の
コンセプトが重要となります。

では、どうやってコンセプトを考えれば
良いのか?ですが、以下の順番で考えていくと
比較的まとめやすいと思います。

■ステップ1:見込み客を特定する

■ステップ2:提供する価値を表現する

■ステップ3:悩み解決・欲求を満たす特長ある方法を表現する
※あなた独自の売り(USP)をコンセプトに入れる

■ステップ4:ギャップや意外性の要素を加える

■ステップ5:不要な言葉を排除し、シンプルな表現にする

私は、コンセプトを考える時は、いつも
この順番で考え、まとめています。

ただ、これを考える上で、準備しないといけない
材料がたくさんあります。

その材料に関しては、長くなりそうなので
また別の機会に説明したいと思います。

ここでは、”コンセプト”が非常に重要である
ということを分かって頂ければ良いと思います。

次回は、課題解決ステップ5:無料オファー・フロントエンド

に関して解説します。

●追伸:GW明けに「ネット集客」に関する無料メール
講座を開講します。

SEO対策会社不要&広告宣伝費不要
「ブログを活用して集客エンジンを作る方法」

戦略企画ドットコムの「ネット集客」の裏側を
公開します。ご興味がある方は、こちらより事前登録
をお願い致します。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=92105

戦略相談箱

PR:東京の会計事務所「今井会計事務所」はネットショップに強い会計事務所

関連する投稿

このエントリーをはてなブックマークに追加



RSS リーダーで購読する

コメント:1

dbabawe 11-10-04 (火) 13:49

ブログ始めました!

コメントフォーム
プロフィールと個人設定

トラックバック:0

このエントリのトラックバック URL
http://strategy-plan.com/blog/archives/1748/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ネットショップ・ECサイト運営の課題解決ステップ4:コンセプト から 戦略コンサルタントブログ ”気づきのシェア” 戦略企画.com

ホーム > ECサイト運営 | WEBマーケティング | ネットショップ | ネット通販 > ネットショップ・ECサイト運営の課題解決ステップ4:コンセプト

カレンダー
« 6 月 2017 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る