ホーム > ネットショップ のアーカイブ

ネットショップ のアーカイブ

ネットショップ・ECサイト運営の課題解決ステップ4:コンセプト

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
戦略企画ドットコムの三宅です。

GWに入って4日目ですね。
あなたは、何をしてGWを過ごされていますか?

私は、本日までは普段通り仕事の毎日なのですが、
明日から山梨県の清里へ2泊3日の旅行に
出かけます。

大学・大学院は山梨大学だったので、甲府に
住んでいました。盆地なので、夏は非常に暑く、
冬は非常に寒いです。

スキー場が近くにあったので、冬はスキー
ばかりしていました(笑)。一応、準指導員です。

でも、1998年にアメリカへ駐在してから今まで
指導員講習会に全く参加していませんので、
恐らく指導員資格は抹消されている?
と思います(苦笑)。

学生時代を過ごした思い出の地で、
ゆっくり過ごそうと思います。
当時お世話になったアルバイト先の英語塾
にも顔を出す予定なので、非常に楽しみです。

さて、本日のテーマは

ネットショップ・ECサイト運営の
課題解決ステップ4:コンセプト

についてお話しますね。

コンセプトに関しては、このブログで何度も
お伝えしています。
非常に重要な要素で、これ次第で売上が
大きく変わります。

ECサイト全体のコンセプトも重要ですし
商品・サービスのコンセプトも重要です。

ただ、他社の商品やサービスを販売している
場合は、商品・サービスだけで見込み客が
思わず反応してしまうコンセプトを作り上げる
ことは簡単ではありません。

あなたのネットショップでしか販売されて
いない商品であれば良いのですが、いろんな
ネットショップで販売されている商品は
独自のコンセプトを作るのが難しくなります。

このようなケースでは、ECサイト全体の
コンセプトが重要となります。

では、どうやってコンセプトを考えれば
良いのか?ですが、以下の順番で考えていくと
比較的まとめやすいと思います。

■ステップ1:見込み客を特定する

■ステップ2:提供する価値を表現する

■ステップ3:悩み解決・欲求を満たす特長ある方法を表現する
※あなた独自の売り(USP)をコンセプトに入れる

■ステップ4:ギャップや意外性の要素を加える

■ステップ5:不要な言葉を排除し、シンプルな表現にする

私は、コンセプトを考える時は、いつも
この順番で考え、まとめています。

ただ、これを考える上で、準備しないといけない
材料がたくさんあります。

その材料に関しては、長くなりそうなので
また別の機会に説明したいと思います。

ここでは、”コンセプト”が非常に重要である
ということを分かって頂ければ良いと思います。

次回は、課題解決ステップ5:無料オファー・フロントエンド

に関して解説します。

●追伸:GW明けに「ネット集客」に関する無料メール
講座を開講します。

SEO対策会社不要&広告宣伝費不要
「ブログを活用して集客エンジンを作る方法」

戦略企画ドットコムの「ネット集客」の裏側を
公開します。ご興味がある方は、こちらより事前登録
をお願い致します。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=92105

戦略相談箱

PR:東京の会計事務所「今井会計事務所」はネットショップに強い会計事務所

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS リーダーで購読する

ネットショップ・ECサイト運営の課題解決ステップ3:悩み解決方法を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
戦略企画ドットコムの三宅です。

前回は、ちょっとイレギュラーで「ネット集客」
に関する無料メール講座の案内
をさせて頂きました。

メール講座名は、

SEO対策会社&広告宣伝費不要
「ブログを活用して集客エンジンを作る方法」

です。

集客で困っているお話をよく耳にしますので
少しでもお役に立てればと思い、この度
戦略企画ドットコムのネット集客に関する裏側
を無料で公開することにしました。

集客でお悩みの方、少しでもご興味がある方は
是非ご参加下さい。事前登録は、こちらになります。

なお、実際のメール講座は、5月の連休明けに
実施する予定です。日程が決まりましたら、参加者
の方には、別途お伝え致します。

ちなみに、このノウハウは、まだブログでは公開して
いない内容であり、有料のクライアントにのみ
公開している内容なので、

当面はブログでは公開しない予定です。なので、
この機会をうまくご活用下さい。無料なので、
特にあなたにリスクはありません。

では、本日の本題に入りますね。

今まで、ネットショップ・ECサイト運営に関する
課題とその解決方法に関して説明してきました。
今回は、ECサイト運営の課題解決ステップ3として

「見込み客の課題解決方法を考える」

というテーマでお話したいと思います。

ステップ1では、見込み客を定義し
ステップ2では、見込み客の悩み
を書き出しました。

そこで、次のステップは、その見込み客が抱えて
いる悩みをあなたが解決できる方法を探します。

つまり、

●自社の強みを活かして、見込み客の悩みを
解決する方法を書き出します

●その際、強みは、商品・サービスの特長だけに
ならないようにします

●商品を売るのではなく、悩み解決の
ソリューションを提案するという考え方です

※もしくは、見込み客が抱えている欲求を
満たす提案をします

見込み客は、あなたの商品やサービスを買いたい
わけではありません。

例えば、私のクライアントは、私のコンサルティング
を受けたいわけではありません。

自分が現在抱えている悩み(例えば、ネット集客など)
を解決する一つの手段として、私のコンサルティング
に興味を示し、

●私のブログを読んだり
●私の無料メール講座に申込んだり
●私の無料レポートをダウンロードしたり
●私の無料経営相談無料コンサルティング
を受けたり
●顧問契約を申込んだり

するわけですね。

それと同じことがネットショップ・ECサイト運営
でも言えます。

それなのに、商品やサービスの売込みに一生懸命
になりすぎていませんか?。

これは、対面営業でも同じことです。

折角見込み客にアポが取れ、訪問して面談できる
機会を与えられたにも関わらず、自社の商品や
サービスばかり説明している営業の方がいます。

これでは、お客さんは拒絶反応を示します。

原理原則は、ネットも対面営業も同じです。

あなたのECサイトは、売込み中心のサイトに
なっていませんか?

お客さんの悩みに共感し、その悩みを解決する
方法を分かりやすく、相手目線で説明している
でしょうか?

もう一度、この点をチェックしてみて下さい。

では、本日の気づきのシェアはここまでに
したいと思います。

●追伸:今週の金曜日からゴールデンウィークですね。
我が家は、久しぶりに山梨県へ小旅行に出かけます。
学生時代は、甲府に住んでいたので、非常に懐かしいです。
いつも仕事ばかりなので、充電してきます!

戦略相談箱

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS リーダーで購読する

ネットショップ・ECサイト運営の課題解決ステップ2:見込み客の悩み

このエントリーをはてなブックマークに追加

完全無料】SEO対策会社不要・広告宣伝費不要「ブログを活用して集客エンジンを作る方法」
GW明け開講予定・事前登録はお早めに!

こんにちは!
戦略企画ドットコムの三宅です。

本日もネットショップ・ECサイト運営に
関する大きな2つの課題に対する課題解決策に
関してお伝えしますね。

復習ですが、ネットショップ・ECサイト運営に
関する2つの課題は以下の通りです。

題1:楽天のようなショッピングモール型
サイトに出展すると価格競争に
巻き込まれてしまう

課題2:カタログ型のECサイトの場合、
・商品が多すぎてほしい商品を探すのが大変
・商品一つ一つの情報量が少ない

そこで、解決策を2つ提示しました。

1:発想そのものを商品中心から
”お客さん中心”に変える

対策2:ランディングページ(LP)を活用し
見込み客を集め、商品紹介ページへ
誘導する

の2つの対策を具体的に進める9ステップが
あります。前回のブログでは、ステップ1に関して
説明したので、今回はステップ2について解説します。

ステップ1では、見込み客を定義しました。
ステップ2では、見込み客の悩みを洗い出します。

では、”悩み”とは何か?ですが
大きな視点で分類すると2つあります。

●悩み1:恐怖・痛み
●悩み2:満たされない欲求

恐怖というのは、現実には起こっていないけど
これから起こるかも知れないので非常に不安で
あるという状態です。

この場合、人は安心したいと思うはずです。

例えば、
・不景気でいつ会社が倒産するか分からない
・失業したら、再就職できるのかな?
・就職できなくてホームレスになったらどうしよう

現実には起こっていませんが、こんな恐怖を抱えて
いる人は多いと思います。

痛みというのは、今、現実的に問題を抱えていて
痛みを感じている状態です。例えば、

・リストラに合い、現在失業している
・会社が倒産して、現在失業している

最後に”満たされない欲求”に関してですが
例えば、こんな内容です。

・就職したいという欲求があるけど、なかなか
就職できない
・もっと良い条件の会社に転職したいという
欲求があるけど、なかなか面接試験をパスできない

これらが見込み客の悩みになります。

では、これらの悩みをどうやって調べるのか?
ですが、最も良い方法が

”見込み客へ直接ヒアリングすること”

になります。

自分で想像して洗い出すと、現実とのギャップ
が生まれます。仮説として洗い出すことはOK
ですが、その仮説を検証するために必ずヒアリング
するようにして下さい。

見込み客のことを深く理解すること

これが成功への近道になります。
ヒアリング調査は、時間もかかるので大変ですが
しっかりやっている人の方が少ないので、しっかり
やった人は、結果が出やすくなります。

今まで、自分自身が事業責任者として事業を
運営したり、クライアントの業績アップに関する
コンサルティングをしたり、

ランディングページ(LP)のコピーライティングを
してきていますが、反応が良く、結果が出ている
もの程、リサーチをしっかりやっています。

そして、見込み客に対する理解度も高いです。

”見込み客の悩み”に関して、しっかりリサーチ
すること、これが非常に重要です。

では、本日はここまでにしたいと思います。
次回は、ステップ3:見込み客の悩みを解決する方法
に関してお伝えします。

戦略相談箱

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS リーダーで購読する

ホーム > ネットショップ のアーカイブ

カレンダー
« 3 月 2017 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る