ホーム > フロントエンド > フロントエンド・サービスを開発する方法とは?

フロントエンド・サービスを開発する方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
戦略企画ドットコムの三宅巧一です。

前回のブログ「気づきのシェア」では
バックエンドサービスの開発方法に
関して説明しました。

ちなみに前回のブログ記事はこちらです。

サービス開発・魅力的なバックエンドサービスを開発する方法とは?

そこで、今回は
フロントエンドサービスの開発方法
に関して、説明したいと思います。

あなたは、「フロントエンド」という
言葉を聞いたことがあるでしょうか?

バックエンド」もあまり聞いたことが
ないかも知れませんね。

フロントエンドもバックエンドも
マーケティング用語になります。

バックエンドに関しては、以前のブログで
書きましたので、ここでは説明を
省略しますね。

一方、フロントエンドとは何か?
ですが、簡単に説明すると

有料のお試し商品・サービス
になります。

無料のお試し商品・サービスのことを
フロントエンドと呼んでいる人もいますが

ここでは、無料商品・サービスは
「無料オファー」と定義しましょう。

なので、”有料”のお試し商品・サービスを
「フロントエンド」と定義
します。

■なぜ、フロントエンドが必要なのか?

フロントエンドの役割は、バックエンドへ繋ぎ、
最終的にはバックエンドを成約して頂くための
1つのステップになります。

戦略企画ドットコムで販売している
バックエンドサービスは、最低でも
年間契約で約30万円します。

決して安くはないですよね。
この30万円のサービスをネットだけで
販売するのは、難しいです。

そのため、私のサービスを体験して頂き、
その良さを理解して頂く必要があります。
もちろん、私の人間性や相性も含めて。

そのお試しサービスがフロントエンド
になります。

では、どうやってフロントエンドサービスを
開発すれば良いのか?

その具体的な方法について説明しますね。

■フロントエンドサービスを開発する方法

●前提条件:

まず、前提として「バックエンド」が
必要です。フロントエンドの最終目的は
バックエンドの成約」なので、

逆算で考えるためにも「バックエンド」
が必須となります。

現時点でバックエンドがない場合は、
まずはバックエンドを考えて下さい。

●フロントエンドの条件確認:

フロントエンドは、可能な限り以下の
条件を満たすようにしましょう。

・条件1:収支とんとんでOK

フロントエンドは、利益を生み出す必要は
ありません。利益は、バックエンドで
生み出すようにサービス設計します。

なので、フロントエンドの収支は、
とんとんで大丈夫です。

・条件2:価格設定は、安すぎず・高すぎない

価格が安すぎると、集客は楽かも知れませんが
バックエンドの成約率が下がる可能性が
あります。一方、フロントエンドが高すぎると
集客が大変です。

いろんな価格を試してみて、あなたのビジネスに
最適な価格帯を探して下さい。

・条件3:出し惜しみをしない

フロントエンドである程度の満足感が得られないと
次はありません。つまり、バックエンドの成約
には至りません。

出し惜しみしないで、ノウハウは可能な限り
出すようにします。

では、具体的なフロントエンドサービス開発
方法に関して、ステップで説明しますね。

●ステップ1:バックエンドを分解する

バックエンドサービスを開発した際
要素分解してから統合している
と思います。

そのステップを踏んでいる人は、要素分解
した内容を準備して下さい。

要素分解していない人は、このステップで
現在のバックエンドサービスを要素分解
してみて下さい。

●ステップ2:提供価値のコアを抜き出す

バックエンドサービスは、あなたが提供する
最大価値を実現するサービスです。

その提供価値のコアとなる要素を
抜き出してみて下さい。

つまり、「あまり人に教えたくない
とっておきのノウハウを抜き出す

ことになると思います。

●ステップ3:そのコアを中心とした
サービスコンテンツを開発し、
サービス内容・価格・特典を考える

例えば、具体的な事例を紹介しますね。

戦略企画ドットコムが現在力を入れている
バックエンドは「ブログ集客パック」です。

提供価値は「無料集客の仕組み構築」であり、
無料集客の要として、WordPressブログは
必須ツールとなります。

でも、ただWordPressでブログ制作し、
運営しても、無料集客の仕組みを
構築することはできません。

そこには、ノウハウが必要です。

そのノウハウを方程式で表すと

「戦略」×「WordPress」×「セルフSEO」×「コピーライティング」

になります。そして、この中で最初に考えないと
いけないコアな要素は「戦略」になります。

この戦略構築ノウハウを
提供価値を軸とした無料集客の戦略フレーム
でまとめています。

この具体的なノウハウが”コア”な部分に
なるので、この内容を出し惜しみする
ことなく、セミナーで伝えるように
しています。

それが現在、戦略企画ドットコムで毎月
開催している「集客セミナー」になります。

「ブログ集客パック」というバックエンドに
対して「集客セミナー」というフロントエンド
を準備していることになります。

では、フロントエンドである「集客セミナー」
は、どんなサービスなのか?
もう少し説明しますね。

■フロントエンド「集客セミナー」のサービス内容とは?

1.コンテンツ

戦略企画ドットコムの独自集客ノウハウである
「セルフSEO・無料集客法」に関する
理論・実績・事例を約40ページの資料を
使いながら説明します。

また、この理論を自分のケースへ落とし込む
ためのワークショップも行います。

2.セミナー時間

セミナーの時間は、約2時間30分です。
会議室は、全部で3時間確保しているので、
最大3時間のセミナーになります。

3.セミナー料金

定価は21,000円ですが、現時点では割引価格
10,500円(50%オフ)で提供しています。

4.セミナー人数

4名限定とし、参加者一人一人のケースに
応じてアドバイスするようにしています。

集客セミナーの様子は、こんな感じです。

5.セミナー特典

バックエンドである「ブログ集客パック」の
初期費用割引特典(31,500円割引)を
付けています。

6.その他

集客セミナーで使った資料(約40ページ)を
後日データでお渡ししています。

詳しくは、「集客セミナー」ページをご覧下さい。

このようにバックエンドの成約に繋がるような
魅力的なフロントエンドを開発し、提供します。

では、本日の「気づきのシェア」は
ここまでにしたいと思います。

●追伸:3月17日(土)開催の集客セミナーは
残席2名となりました。参加希望の方は
こちらよりお申込み下さい。

集客セミナーはこちらをクリック!

関連する投稿

このエントリーをはてなブックマークに追加



RSS リーダーで購読する

コメント:0

コメントフォーム
プロフィールと個人設定

トラックバック:1

このエントリのトラックバック URL
http://strategy-plan.com/blog/archives/2750/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
フロントエンド・サービスを開発する方法とは? から 戦略コンサルタントブログ ”気づきのシェア” 戦略企画.com
pingback から フリー戦略を無料集客の仕組みに組み込む方法とは? - 戦略コンサルタントブログ ”気づきのシェア” 戦略企画.com 12-05-07 (月) 16:04

[...] « 古い投稿 [...]

ホーム > フロントエンド > フロントエンド・サービスを開発する方法とは?

カレンダー
« 10 月 2017 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る