ホーム > タグ > データベース

データベース

SEOに強いブログ=WordPress アメブロよりもSEO効果が高い4つの理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
戦略企画ドットコムの三宅です。

先週の土曜日は、恒例行事になりつつある
ワンコイン勉強会」を開催しました。

勉強会の様子は、こんな感じです。


今回は「手堅く独立起業する方法」という
テーマで開催し、参加者の方と楽しく
”起業”に関して勉強することができました。

特に今回は、戦略的な考え方を身に付けて
頂くために”ケーススタディ”を取り入れて
みた
のですが、それが良かったようです。

ちなみに、そのケーススタディの内容ですが・・・
内緒です(笑)。

また、9月も開催しますので、ケーススタディの
内容と回答事例を知りたい方は、是非、次回の
ワンコイン勉強会に参加して下さい!

日程が決まったら、また、アナウンスしますね。

前回の気づきのシェアでは、
WordPressブログとアメブロのアクセスログを
比較・分析した結果を公開しました。

ちなみに前回の記事
「WordPressブログとアメブロのアクセスログを
比較・分析」はこちら
です

今までアメブロを一生懸命運営している方に
とっては、ちょっとショッキングな内容
だったかも?
知れません。

でも、いくら私が実験し、その結果を提示
したとしても、まだ半信半疑だと思います。

そこで、本日の気づきのシェアでは、WordPressブログ
の方がアメブロよりもSEO効果が高い4つの理由

詳しく説明したいと思います。

これからお話する内容も、前回の気づきのシェア
同様ちょっとショッキングです。アメブロを
運営されている方は、アメブロを続ける
モチベーションが一気に下がるかも
知れません。

でも、大丈夫です。
今から、インのブログをWordPressへ変更し
アメブロは、セルフSEOの被リンクサイトと
して活用すれば効果的
です。

実際、私はそうしています。

では、本日の本題に入って行きましょう。

Googleが掲げるSEOの評価項目は、約200項目ある
と言われていることは、あなたもご存じかも
知れません。

それらの合計点で、検索順位が決定していると
言われています。

この200にも及ぶSEOの評価項目ですが、WordPress
のブログは、その80~90%を網羅している

と言われています。

つまり、ブログの構造そのものがSEOに有利な
構造になっています。

これに関しては、Googleの幹部社員が言及して
います。こちらの関連記事が参考になります
ので、是非ご覧下さい。

「Google検索の責任者やSEOの天才も認める
WordPressのSEO効果」に関する記事はこちら

SEOの評価項目の中には、SEO内部施策として
基本的な

(1)タイトルタグ
(2)メタキーワード
(3)Description
(4)h1タグ
(5)本文
(6)URL
(7)サイトマップ(XMLとhtml)
(8)サイトユーザビリティ(パン屑リストなど)

などがあります。

では、アメブロがWordPressよりもSEOの観点から
劣っている理由
をこれから説明します。

●理由1:メタキーワードとDescription
を自分で作成できない

WordPressの場合、All in one SEO Packという
プラグインをインストールすれば、タイトルタグ、
メタキーワード、Descriptionを自分で設定
することができます。

つまり、キーワードを意識したタグ設定が
可能
となるため、内部最適化しやすいという
メリットがあります。

一方、アメブロの場合は、メタキーワードや
Descriptionを自分で設定することが出来ません。

アメブロで決められた、ある法則に基づいて
メタキーワードやDescriptionが自動的に
設定されてしまいます。

そのため、最適な設定ができないという
デメリットがあります。

●理由2:記事の掲載URLを変更できない

キーワードが”SEO”や”WordPress”のように
英語の場合、SEO的には、URLにもこれらの
キーワードを入れるのがベストです。

WordPressの場合は、各記事単位で任意のURL
を指定できますので、URLにキーワードを
入れることができます。

一方、アメブロの場合、URLは自動的に
生成されますので、任意に設定できません。

●理由3:カテゴリーが1つしか設定できない

記事のカテゴリー(アメブロの場合は、”テーマ”
と表現してます)に関してですが、WordPressの
場合は、記事のカテゴリーを複数設定できる
のに対して、アメブロの場合は、一つしか
設定できません。

これは、Googleにインデックスされるページ
数に影響を与えます。

※インデックスとは、検索エンジンが
WEBページをデータベースに
登録することです。

簡単に説明すると、カテゴリーを複数設定
できる方がGoogleにインデックスされる
ページ数も多くなります。

その分、検索にヒットしやすくなります。
つまり、カテゴリー設定数は、最終的に
アクセス数に影響を与えます。

ちなみに、WEBサイトのインデックス数は、
Googleの検索窓に
site:http://●●.com
と入力し、検索すれば出てきます。

私が運営しているWordPressのブログ(気づきのシェア)と
アメブロのインデックス数を比較してみましょう。

■WordPressブログ(気づきのシェア)のインデックス数:3,460件

■アメブロ(手堅く独立起業ブログ)のインデックス数:226件


圧倒的にWordPressのブログ(気づきのシェア)
の方がアメブロ(手堅く独立起業ブログ)よりも
インデックス数が多いです。

但し、記事数は、WordPressブログの方が2倍
なので、その点は考慮する必要があります。
まあ、それを考慮しても、WordPressブログの方
が圧倒的にインデックス数が多い(約8倍)
ですね。

●理由4:タグが設定できない

これもカテゴリーと似たような問題になります。
WordPressの場合、タグを複数設定できます。

私の場合は、記事の内容が濃く、キーワード
を多く使っていますので、タグの数も
自然と多くなります。

タグが多いと何が良いのか?ですが
Googleにインデックスされるページ数が
タグの数だけ増える
ことになります。

例えば、私のブログは記事数が200ぐらいですが
タグを多く設定しているので、Googleにインデックス
されているページ数が約3,500ページもあります。

それだけ、検索エンジンにヒットしやすく
なるわけですね。

でも、アメブロの場合は、このタグを設定
できるところがありません。

そのため、インデックスされるページ数が
記事の数と同じぐらいとなり、レバレッジが
効かないブログ構造となっています。

これは、結構大きな違いだと思います。

これら4つの理由から、WordPressブログの方が
アメブロよりもSEOは有利
と言えます。

それが検索によるアクセス数の結果にも
表れていますね。

これら以外にも私がWordPressブログを勧める
理由がまだまだあります。

その理由については、次回の気づきのシェアで
説明しますね。

では、本日の気づきのシェアは、ここまでに
したいと思います。

●追伸1:WordPressブログを本格的に運営し、広告宣伝費ゼロで
集客したい方は
「ブログ集客パックライト」がお勧めです。

月額10,500円(税込)からSEOに強いWordPressブログシステム
を使用することができます。詳しくは、こちらの
ランディングページをご覧ください。

ブログ集客パックライトのサービス詳細ページはこちらをクリック!

●追伸2:戦略企画ドットコムが発行している無料レポートの紹介です。
あなたのニーズにマッチしたレポートをダウンロードして下さい。
すべて無料でダウンロード頂けます。

◆理系的業績アップ法に関する無料レポート

テレアポ・飛び込み営業などの”泥臭い営業”不要
「理系的アプローチで業績アップする方法」
方程式は「戦略×実行×インターネット」

3C分析を活用した”コンセプト”作成方法にも
触れています。宜しければ、以下のページより
無料ダウンロードをお申し込み下さい。

無料レポート「理系的アプローチで業績アップする方法」はこちら

◆広告宣伝費ゼロで集客できる「セルフSEO・無料集客法」に関する無料レポート

「12か月で無料集客の仕組みを構築する方法」PDF版(パソコン用)はこちら

「12か月で無料集客の仕組みを構築する方法」EPUB版(スマホ用)はこちら

◆一人起業の成功ノウハウ「理念起業法」に関する無料レポート

「理念起業で年収1000万円を実現する9ステップ」無料・PDF版(パソコン用)

「理念起業で年収1000万円を実現する9ステップ」無料・EPUB版(スマホ用)

「理念起業で年収1000万円を実現する9ステップ」総論編(有料版)
※こちらは有料版(500円)になります。EPUB版・PDF版両方提供します。

◆2012年9月リリースの最新作無料レポート

「3ステップ・商材営業法」で楽に新規開拓する方法(PDF版)
~入社1年目の女性社員でも新規開拓できてしまう方法とは~

戦略企画ドットコム通信。業績アップのノウハウが詰まった門外不出のメルマガをついに解禁

戦略企画.com

戦略企画ドットコム実践的ノウハウとあなた個人のケースへ落とし込むセミナー情報

理念起業勉強会(4名限定)はこちら

起業セミナー(プライベート)はこちら

集客セミナー(4名限定)はこちら

SEOセミナー(オンライン)はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

P/Lの分解分析(4)事業再建マニュアル(Vol.8)事業再建プラン作成

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
戦略コンサルタントの三宅巧一です。

戦略コンサルタントブログ ”気づきのシェア”96回目の記事になります。
まだ、1回目95回目の記事をお読みでない方は、是非ご覧下さい。

ちなみに、戦略コンサルタントブログ”気づきのシェア”メルマガ版も配信しています。
最新記事の投稿と同時にメルマガでも配信しますので、定期購読者の方には便利です。
宜しければ、こちらからご登録下さい。⇒ http://www.mag2.com/m/0001001632.html
※お蔭様で、読者は13,200名を超えました!

また、”グローバルプロフェッショナルキャリア研究所(GPC研究所)”も運営しています。
こちらは、個人向けの戦略的キャリアアップ支援サイトになります。
会社に依存しない”グローバル・プロフェッショナル”を目指す会社員応援メルマガ
(無料)を発行していますので、宜しければこちらからご登録下さい。
http://www.mag2.com/m/0001000664.html
※現在、読者は1,190名ぐらいです。

3月4日(木)に私が所属している起業支援組織である「ドリームゲート」のイベント
(大挑戦者祭)がありました。そのイベントに合わせてリリースされた企画があり、その
お手伝いをしてきました。

企画名は、「DREAM GATEラボ」で、簡単に言うと、新規事業を立ち上げたい企業と起業したい
もしくは新規事業を立ち上げたい個人をマッチングさせるサービスになります。
詳しくは、ドリームゲートのサイトをご覧下さい。

私は、キャリアコンサルタント経験者で、新規事業の企画・立上経験があり、現在、現役の
戦略コンサルタントということで登録希望者の面談・評価を担当させて頂きました。

当日のイベント会場で発表された企画でありながら、23名の方がラボ登録されました。

私は5名の方と面談させて頂きましたが、みなさん志が高く、バイタリティがある方ばかり
でした。DREAM GATEラボがうまく機能すると、いろんな新規事業が立ち上がり、日本も活気づく
ような気がします。是非、この企画が成功するように私も協力したいと思います!
さて、今回も「事業再建」におけるP/Lの分解分析に関する記事になります。

非常に重要な内容なので、何回かに分けて詳しく説明しています。
ちょっと高度な内容なので、特に損益計算書の知識がない方には、分かりずらいかも
知れません。詳しく学びたい方は、無料冊子「事業再建マニュアル」をダウンロードして下さい。

http://strategy-plan.com/book.html

では、前回の続きの記事を書きます。

前回は、P/Lの分解分析のノウハウに関する記事を書きました。

まだお読みでない方は、先に過去の記事を読まれてからの方が理解しやすいと思います。

過去の関連記事は、サイトマップをご覧の上、お読みください。
では、損益計算書(P/L)の分解分析に関する続きを書きますね。
■ノウハウその2:変動費について

変動費とは、売上に応じて変動する経費のことです。

今回の事例では、セールスレップへの営業手数料と製品の配送費用が変動費になります。
いずれも過去の実績に関しては、売上コストデータベースとP/L実績から抽出することができます。

また、予測P/Lに関しては、これから説明する方法によってシュミレーションが可能となります。

まず営業手数料についてですが、営業手数料は全製品一律%の場合と製品によって手数料%が違う
場合があります。

また、特別価格を適用した案件については、特別に低い手数料%を設定しているケースもあります。
営業手数料が全製品一律の場合は計算が単純ですが、そうではない場合、まずは過去の実績から
平均の手数料%を計算しておきます。

その際、事業ドメイン毎の手数料%を算出しておくと、向こう1~2年の変動費を
シュミレーションする際に役立ちます。なお、手数料の実績は、売上コストデータベース
から集計できます。

配送費用については、アメリカの場合、概ね箱の大きさと重量で料金が決まります
(配送のスピードも料金と関係がありますが、その場合は、顧客から別途追加料金を徴収
していたため、この事例では考慮する必要がありません)。

当社製品の場合は、製品の大きさや重量が大きいほど製品単価も高くなる傾向でしたので、
配送費用の実績をその売上実績で割れば、配送費用が売上の何%に相当するのか計算できます
(例えば、売上の2%など)。

その数値を活用してシュミレーションすれば、大きなずれはありません。

長くなりそうなので、本日はここまでにしたいと思います。

続きは、次回のブログで書きますね。

追伸:私が開講しているネット講座
「戦略的ビジネス構築ネット講座シリーズ ~既存ビジネスの梃入れ編~」
http://www.knowledge.ne.jp/ksa/247667-1-1659

を梃入れしました! どう梃入れしたのか?

一言で言うと 「価値をもっと上げる!」ことにしました。

◆梃入れ施策1:無料お試し講座のバージョンアップ

以前のお試し講座は、第1章が理念に関する内容でしたので、ピンとこない方が多かった
と思います。

そこで、今回は戦略構築の基礎になるところを全24ページにまとめました。
本受講を受けなくても、かなりのことが学べます。

これにより価値が上がったと思います

◆梃入れ施策2:本受講を受講された方には、特典として個別コンサルティング
(1回・1時間、20,000円相当)を付けます。

これは、法人向けにコンサルティングしている内容と同じ質のサービスになります。
クライアント企業からは、1時間のコンサルティングフィーを20,000円頂いていますので、
15,000円の講座で20,000円の個別コンサルティングも付いてくるという内容になります。

これで更に価値が上がりました!

ということで、早速この内容を反映させましたので、ご興味がある方は、こちらより
まずはお試し講座を受講下さい。

http://www.knowledge.ne.jp/ksa/247667-1-1659

ちなみに、個別コンサルティングの場所は、都内にあります私の事務所になります。
遠方の方に関しては、Eメール+SKYPEで対応させて頂きますので、ご安心下さい。

では、あなたとネット講座でお会いできるのを楽しみにしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

P/Lの分解分析(3)事業再建マニュアル(Vol.7)事業再建プラン作成

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
戦略コンサルタントの三宅巧一です。

戦略コンサルタントブログ ”気づきのシェア”95回目の記事になります。
まだ、1回目94回目の記事をお読みでない方は、是非ご覧下さい。

ちなみに、戦略コンサルタントブログ”気づきのシェア”メルマガ版も配信しています。
最新記事の投稿と同時にメルマガでも配信しますので、定期購読者の方には便利です。
宜しければ、こちらからご登録下さい。⇒ http://www.mag2.com/m/0001001632.html
※お蔭様で、読者は13,200名を超えました!

また、”グローバルプロフェッショナルキャリア研究所(GPC研究所)”も運営しています。
こちらは、個人向けの戦略的キャリアアップ支援サイトになります。
会社に依存しない”グローバル・プロフェッショナル”を目指す会社員応援メルマガ
(無料)を発行していますので、宜しければこちらからご登録下さい。
http://www.mag2.com/m/0001000664.html
※現在、読者は1,180名ぐらいです。
さて、今回も「事業再建」におけるP/Lの分解分析に関する記事になります。

非常に重要な内容なので、何回かに分けて詳しく説明しています。
ちょっと高度な内容なので、特に損益計算書の知識がない方には、分かりずらいかも
知れません。詳しく学びたい方は、無料冊子「事業再建マニュアル」をダウンロードして下さい。

http://strategy-plan.com/book.html

では、前回の続きの記事を書きます。

前回の記事をまだお読みでない方は、先に過去の記事を
読まれてからの方が理解しやすいと思います。

過去の関連記事は、サイトマップをご覧の上、お読みください。
では、損益計算書(P/L)の分解分析に関する続きを書きますね。

前回までに、事業ドメイン別・地域別P/Lの分解方法を説明しました。

このP/Lが完成したら、どの事業ドメインのどの地域のビジネスが儲かっているのか、
もしくは儲かっていないのかが一目瞭然となります。

なお、向こう1~2年のP/Lに関しては、現状の延長線上(つまりリストラなしの成り行き
ベース)で数値を入れてみて下さい。これによって、過去・現在・未来における事業の課題
や問題点を明らかにすることができ、再建計画が立案しやすくなります。

ここまでの説明で、P/Lの分解分析の概略をご理解頂けたと思います。恐らく、皆さんの
疑問は、大枠のイメージは分かったけど、実際にどうやって数値を入れていけば良いのか?

ということだと思います。これは、骨の折れる作業になります。ここからは、P/Lを作成して
いく上での“ノウハウ”を説明したいと思います。

■ノウハウその1:売上・コストデータベースの構築

P/Lの分解分析に必要なデータを簡単に抽出するためには、売上やコストなどのデータベース
を構築しておく必要があります。

社内システムが整備されている会社は良いのですが、これが整備されていないと、データ
ベースの構築作業から行う必要があるため、大変な作業になります。

このデータベースがあれば、例えデータ件数が膨大な量になっても、ACCESSなどのデータ
ベースソフトでクエリーを活用すれば、必要な数値データを簡単に集計することが可能と
なります。

事業再建に限らず、日頃の営業データ集計や分析に活用できますので、現在、このような
仕組みがない場合は、是非この仕組みを構築することをお薦めします。

これで、過去のP/Lデータに関しては、容易に分解することが出来ます。

私は、事業再建だけではなく、新規ビジネスの立上経験もありますが、必ず売上・コスト
データベースを構築するようにしています。

新規ビジネスの場合、最初はデータがそれほど多くありませんので、ExcelでDBを構築する
という程度で十分機能します。

ビジネスが成功し、規模が大きくなった時点でシステム投資を考えれば良いと思います。

(新規ビジネスは、失敗する確率の方が圧倒的に高いので、最初からシステム投資しない
方が良いと思います)。

まだまだノウハウはありますが、本日はここまでにしたいと思います。

では、次回のブログも楽しみにしていて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム > タグ > データベース

カレンダー
« 7 月 2017 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る