ホーム > タグ > アンケート

アンケート

年商3000万円を永続的に稼ぐ!9つのルールとは・・・?

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
戦略企画ドットコムの三宅巧一です。

超久しぶり、今年2記事目の
ブログ記事投稿になります・・・(汗)。

もう6月に入りました。
早いですね。この3か月間
いろいろありました。

一番大きな変化は、肩書きを
引き寄せ集客コンサルタントから
波動アップコンサルタント
変更したことです。

新しいサイトも立上げました!
波動アップコンサルタント三宅巧一
オフィシャルサイト「Koichi Miyake.com」

ビジネスはもちろんのこと、人生成功の鍵は
「波動を上げること!」です。

そのことを多くの方に伝えたくて
肩書きを変え、新しいサイトも作り、
本格的な活動も開始しました。

応援宜しくお願いします(^^)

さて・・・
波動アップコンサルタントとして
活動を開始していますが、
一人起業家を育成することに
変わりはありません。

新しいミッションは
「波動の高い一人起業家の育成」

です。

このミッションを達成するため
今年も「一人起業アカデミー」
8月に開講します。

パートナーは、第1期と同じ
心理学&セールスの達人である
「桑原正守さん」です。

その桑原さんとコラボで
「過酷な一人起業のルール」セミナー
を開催することにしました!

そこで、本日のブログ「気づきのシェア」
では、一人起業で年商3000万円を永続的に
稼ぐために必要な9つのルール

関してお伝えしますね。

一つ一つ詳しく説明するとかなり長く
なりそうなので、このブログでは
項目のみ並べておきます。

●一人起業のルール1:

年商3000万円を稼ぎ続ける
起業家マインドをインストールせよ!

●一人起業のルール2:

人生の戦略マップを構築し、
理念達成を追求せよ!

●一人起業のルール3:

波動を上げて「人・物・金・情報」の
引き寄せ力をアップせよ!

●一人起業のルール4:

本質的な強みを明確化し、
強みにフォーカスせよ!

●一人起業のルール5:

売り込まなくても売れる
魅力的商品を準備せよ!

●一人起業のルール6:

心理学を駆使した営業・プレゼン・
クロージングをマスターせよ!

●一人起業のルール7:

永続的に機能する「自動集客装置」を構築せよ!

●一人起業のルール8:

心を鷲掴みにするストーリーテリング
をマスターせよ!

●一人起業のルール9:

自分よりもレベルの高い人を動かす
人間的魅力をアップせよ!

以上が一人起業で成功するための
9つのルールです。

一つ一つ説明したいところですが
かなり長くなるので、もう少し詳しく
知りたい方は、こちらのページを
ご覧ください!

「過酷な一人起業のルール」セミナーの案内はこちら!

そして、このルールに関しては
ライブのセミナーでもお伝えします!

「過酷な一人起業のルール」セミナーでは、限られた
時間の中で出来る限りの内容をお伝えする予定ですが、
間違いなく時間が足りなくなります。

なので、どのルールを優先してお話するのか?
事前にアンケートを取らせて頂きます。

そのアンケートを元に当日の内容を
決めますね。

どんな話になるのか?は、セミナー当日
のお楽しみということで!

それでは、あなたからのお申込みを
待ってます(以下のバナーをクリック!)。

このエントリーをはてなブックマークに追加

21歳現役大学生がAWBM塾・第3期に入塾!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
戦略企画ドットコムの三宅巧一です。

超久しぶり、今年最初のブログ記事
投稿になります・・・(汗)。

もう3月に入りましたね。
ついこの前、年が明けたと思ったら
もう3月です。

本当に月日が経つのは、早いですね。

3月1日(日)は、
戦略企画ドットコム株式会社
を設立した日です。

お陰様で、法人化から2年経過
しました。皆さまのお蔭で、業績は
順調です。

今後も社会に新しい価値を提供できるように
ドンドン企画を考え、リリース
して行きます!

いろいろと企画はあるのですが
直近では、やはり「AWBM塾・第3期」ですね。
4月25日開講に向け、現在、受講者を
本格的に募集しています。

3月1日(日)に1回目の「体験セミナー」を
開催しました。

当日の様子は、こんな感じです。

今日のブログ「気づきのシェア」では、
そのAWBM塾・体験セミナーに関する
話をしますね。

体験セミナー参加者は、「8名」で
内1名は、既に入塾を決めている人
内1名は、別講座の特典参加
という状況でした。

参加者の皆さんも
「・・・あれ、参加者、少ないのでは?」
という顔をされていたので

最初にその理由を
「3:10:60:27の法則」
で解説しています。

結果には、必ず原因があります。
それが「因縁果の法則」ですね。

それで、体験セミナー終了後、
AWBM塾に何名の方がその場で
申込まれたのか?ですが・・・

なんと!「5名」の方が
仮申込みされました!
そして、後日1名の方が申込みされてます。

しかも、当日申込みされた5名の内の
一人は、21歳の現役大学3年生です。

卒業後は、就職するのか?
起業するのか?迷っているので
このセミナーでヒントを見つけるために
参加されたとのことでした。

私が21歳の頃は、起業を真剣に考えた
ことはなかったので、凄い大学生が
現れたものだ!
と思いました(笑)。

しかも社会に提供できるものが
現時点で明確にあり、やり方次第では
とてもうまく行きそうな内容でした。

これからが本当に楽しみです(^^)

AWBM塾の体験セミナーは
単なる入塾説明会ではありません。

当日は、153ページにも渡る
パワーポイントの資料
を使って
こんな話をしました!

(1)なぜ、AWBM塾を開講するのか?

(2)広告費0円の「自動集客装置」を創る
までの道のり(ロードマップ)

(3)セミナーで高額商品を売る方法

(4)AWBM塾3期とSSC2期の案内

この中で(2)がAWBM塾・体験セミナーの
メインコンテンツになります。

もう少し具体的な内容をお伝えすると、、、

・起業家マインドの重要性とその内容
・人生の戦略(理念・ビジョン・ミッション)
・提供価値の定義
・ブログ集客戦略
・SEOの基礎
・WordPress基礎
・ブログ記事の書き方
・アクセス計測・改善・強化法
・見込み客の発掘方法
・ランディングページについて
・コピーライティング
・メルマガ運営
・商品企画
・セールス基礎
・メンタルブロック解除

などをダイジェスト的に解説しつつ

●WordPressブログ集客戦略
●WordPress基礎講座
●コピーライティング

これら3つを更に深堀して
お伝えしています。

そして、セミナー終了後は懇親会
なのですが、懇親会では、私が
1人キネシオロジーを使って

参加者のビジネスの方向性を
潜在意識に確認しながら、アドバイス
させて頂きました!

これで迷うことなく、進んで行く
ことができます。

次回がAWBM塾・第3期としては
最後の「体験セミナー」になる
のですが、どのコンテンツを
深く解説するのか?

に関しては、参加者のアンケートを
見ながら、直前に決めたいと
思ってます。

入塾する・しないに関わらず

●集客で悩んでいる人
●これから起業しようと思っている人

は、是非「体験セミナー」へ
お越しくださいね。

こちらのバナーをクリックすると
詳細&お申込みページが表示されます。

先着申込み特典もあるので、お早めに
お申込みくださいね。

これを逃すと1年後になってしまいます。
1年の遅れは、かなり大きいですよ。

それでは、良い1日を(^^)

■追伸:放課後等デイサービス経営支援.comのご紹介!

放課後等デイサービス経営支援.comは、放課後等デイサービス開業に関する
創業融資・創業補助金(助成金)無料相談サービスを開始しました!
放課後等デイサービスでの開業を目指している方は
税理士の今井信吾さんへコンタクトを取ってくださいね!

放課後等デイサービス開業に関する創業融資・創業補助金(助成金)無料相談サービスはこちらをクリック!

このエントリーをはてなブックマークに追加

セミナー開催のハードルを下げる方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
戦略企画ドットコムの三宅巧一です。

週末の5月23日(金)に
「セミナーセールスコース・体験セミナー」
を開催しました。

今回は、いつもと違う場所、
そして、少人数での開催でした。

当日の様子は、こんな感じです。

内容は、セミナーで高額商品を
セールスする方法をセミナーで
教える
というちょっとややこしい(笑)
セミナーです。

参加者の方からは
こんな感想を頂いてます。

————————————
昨日は、貴重なセミナーを開催して
頂きありがとうございます。

いろいろな発見や気づきを与えて頂き、
「本当にこんなに学べて、
参加費5000円でいいの?」

というのが正直な感想でした。

セミナーの資料、動画まで
送付して頂き感謝しております。
————————————

少しでもお役に立ててうれしいですね。
このセミナーは、今年においては
最初で最後になります。

ご興味がある方は、また来年、ご参加
くださいね。セミナー情報は、メルマガで
配信していますので、宜しければ
メルマガにご登録ください。

戦略企画ドットコム通信。業績アップのノウハウが詰まった門外不出のメルマガをついに解禁

さて・・・
今回のブログ「気づきのシェア」は、
「セミナー開催のハードルを下げる方法」
というテーマでお届けしますね。

私の塾生さんや個別コンサルのクライアントさん
の中には、これからフロントセミナーを開催し、
セミナーで商品を販売することにチャレンジ
しようとしている方が複数名います。

ただ、なかなか前に進んでいないですね。
その原因の一つとしては、いろんな面で
ハードルが高いことだと思います。

例えば・・・

●セミナーの企画、準備、集客
●人前で話すこと
●しかも商品を販売すること

など、セミナーセールスには
数々の壁があります。

どれも初心者にとっては、ハードルが
高いかも知れません。

そこで、どうすればハードルを下げ
一歩踏み出せるのか?

今日は、そんな話をしたいと思います。

私が起業して初めてセミナーらしき
ものをしたのが、独立から2年後でした。

最初は不安だったので、私の顧問税理士
にお願いして、ジョイントで行いました。

”セミナー”は、当時の私にとって
ハードルが高かったので
”勉強会”という表現を使い
参加費500円で8名程度
の方に
お集まり頂きました。

そして、2時間程度、お役に立てるような
情報を提供し、特に何も売ることなく
アンケートだけ記入して頂いて
終了という感じでした。

これが私のセミナーデビューです。
今からわずか3年前の話です。

集客用のランディングページは
WordPressブログの固定ページを
使いました。

このような勉強会形式のセミナーを
数回続けた後、1対1の
”プライベートセミナー”
を企画
しました。

参加費は10,000円で、3時間の
セミナーです。セミナーと言っても
1対1なので、普段やっている個別
コンサルとそれほど大きな違いはないです。

そのため、とても気持ちが楽でした。

そのプライベートセミナーでは
約30万円する商品を販売しました。
そして、実際に成約することが
できたのです。

これが私にとって初めての
”セミナーセールス”
になります。

このような感じで、最初はセミナーに
関するハードルを下げ、その後、少しずつ
ハードルを上げていくとスムーズだと思います。

では、1対1のプライベートセミナー
の次は、どれくらいの規模で
どんなセミナーをしたのか?

その内容についてお伝えしますね。

■4名限定の3時間セミナーを開催し
30万円以上する商品を紹介後
無料相談へ誘導し、成約!

次のステップとしては、参加者4名限定の
ネット集客セミナーを毎月1回開催しました。

そして、最低でも30万円する商品を
セミナーの最後の方で案内し、興味が
ある人は、無料相談へ申込んで
もらうようにしたのです。

その後の無料相談で成約に至る
パターンが出来上がりました。

私の場合は、この方法を1年ぐらい続け
約1,000万円受注することができたのです。

■20名~30名規模のセミナーで軽く商品を
紹介し、無料相談へ誘導・成約

次に行ったのは、パートナー企業との
共催で、参加者20~30名規模のセミナー
を複数回開催しました。

そして、セミナーの最後の方で
商品を紹介し、ここでも無料相談
へ誘導しています。

■30名規模のセミナーでバックエンドを
紹介し、その場で申込みしてもらう

次のステップとしては、
本格的なセミナーセールスを
実践しました。

これが2013年3月後半になります。
この時、初めて本格的なセミナーセールス
を実践し、その場で100万円する商品を
お申込み頂きました。

そして、その場で意思決定できない方を
個別無料相談へ誘導し、何名かの方に
ご契約頂いています。

このセミナーでの受注金額は、
約440万円
でした。

私自身、セミナーに関するノウハウを
持っていなかったので、少しずつハードルを
上げながら、試行錯誤を繰り返し
ノウハウを作り上げてきました。

そして、セミナースピーカーとしての
スキルを磨くための講座を受講
するなどして、ノウハウの
完成度を上げています。

このようにして、自分の成長に合わせて
少しずつハードルを高く
して行けば、
メンタル的にも楽です。

是非、試してみてくださいね。

それでは、本日のブログ「気づきのシェア」
はここまでにしたいと思います。

今週も張り切って行きましょう!

戦略企画ドットコム通信。業績アップのノウハウが詰まった門外不出のメルマガをついに解禁

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム > タグ > アンケート

カレンダー
« 2 月 2017 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る