ホーム > 起業戦略 のアーカイブ

起業戦略 のアーカイブ

一人起業戦略.com・一人起業の戦略と集客を本格的に支援します!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
戦略企画ドットコムの三宅巧一です。

いよいよ新年度がスタートしましたね。
何か新しいことを始めるには
ちょうど良い時期ですね。

新年度スタートに合わせ
戦略企画ドットコムでも新しいサイトを
立ち上げました。

それが・・・

一人起業支援.com

です。

このサイトは、二人の協力者によって
完成させることができました。

WordPressをカスタマイズしながら
サイト制作してくれた佐々木さん

一人起業戦略.comのロゴを制作してくれた
Studio Book Bearの渡辺悠さん

本当にありがとうございます!
感謝の気持ちで一杯です。

さて、本日の「気づきのシェア」では、

●なぜ、既に月間ユニーク訪問者数10,000人以上
のサイト「戦略企画.com」があるにも関わらず、
わざわざ「一人起業戦略.com」を立ち上げたのか?

●「戦略企画.com」と「一人起業戦略.com」の棲み分けは?

●新サイト「一人起業戦略.com」の
メイン画像に秘められた熱い想いとは?

についてあなたにお伝えしたいと思います。

■なぜ「一人起業戦略.com」を立ち上げたのか?

ご存じかも知れませんが、私は2009年4月13日
より「戦略企画.com」を運営しています。

この「戦略企画.com」のキラーコンテンツは
今、あなたが読んでいる
戦略コンサルタントブログ「気づきのシェア」
になります。

現在は、月間ユニーク訪問者10,000人以上
というサイトになりました。たくさんの方に
ご訪問頂き、本当にうれしく思います。
改めてお礼申し上げます。

この「戦略企画.com」は、もちろんこれからも
継続して運営していきます。

では、なぜ「一人起業戦略.com」を立ち上げたのか?
ですが、それは一言で説明すると

理念達成を追求するため

ということになります。

「戦略企画.com」を立ち上げた当時(2009年)は、
中小企業の経営者(特に技術系出身の経営者)
を意識して記事を書いていました。

理由は、独立起業当初のターゲット見込み客が
技術系出身の中小企業経営者だったからです。

その後、2011年後半からは、中小企業メインから
集客で困っている個人事業主へ
ターゲット見込み客を変更
しています。

そして、最近では、これから独立起業する方
の支援も増えてきました。

こうなると、既に何年も経営している経営者や
経営幹部が知りたい情報とこれから独立起業したい方
の知りたい情報とにかなりのギャップが生まれます。

つまり、ブログ「気づきのシェア」だけでは
どっちつかずの記事になってしまいます。

また、自分のライフワーク(理念)として
グローバルプロフェッショナル創出
を最終目標にしていますので

それを実現するためには、「気づきのシェア」
だけでは限界があるという結論に達しました。

そこで、一人起業に完全特化した戦略面と集客面を
支援するサイトを立ち上げようと思い、
「一人起業戦略.com」を企画した
のです。

■「戦略企画.com」と「一人起業戦略.com」の棲み分けは?

戦略企画.comは、主に中小企業(法人)を意識した
コンテンツを提供したり、戦略企画ドットコムの
広報的な役割を担うようなポジションにします。

一方、「一人起業戦略.com」は

・現在会社員でこれから独立起業したい方
・既に会社を退職し、起業の準備を進めている方
・独立起業1年未満、立上げ局面の方
・独立起業してから3年未満で、伸び悩んでいる方

を対象として、独立起業の立上げ局面に
役立つような情報を出し惜しみすることなく
発信して行きます。

「一人起業戦略.com」のゴールは、あなたの

・理念、ビジョンを明確にし
・理念、ビジョン達成を追求するビジネスモデルを構築
・3年以内に年収1000万円を実現する

になります。

私自身は、このゴールを独立起業一年目で達成しました。
そして、独立起業してから3年が経過するところ
ですが、今のところ毎年この年収水準を
クリアーしています。

もちろん、理念・ビジョンも明確であり
揺るぎない軸も確立できています。

「一人起業戦略.com」立上げに伴い、独立起業後
3年間で培った一人起業ノウハウを「理念起業法
というノウハウ名で体系化しました。

今後は、「一人起業戦略.com」で「理念起業法」のノウハウを
どんどん公開して行きます。そして、あなたと一緒に
このノウハウを更に進化させたい
と思っています。

■「一人起業戦略.com」のメイン画像に秘められた熱い想いとは?

メイン画像に関してはいろいろと考え、悩み
ましたが”一本道”を選びました。

こちらのメイン画像をご覧下さい。
一人起業戦略.comのメイン画像はこちら

一人起業は、決して簡単な道のりではありません。
数々の困難があなたを待ち受けています
(困難は、入道雲で表現しました)。

でも、その先には”虹”(=成功を表現)があり、
諦めないで前に進めば必ず”成功”がある
とイメージを表現しています。

そして、いつもあなたの傍に私があなたの
「メンター」として寄り添っている

そんな想いをメイン画像に表現しました。

ちなみに「一人起業戦略.com」のメインコンテンツは
ブログ「メンター」になります。ネット上の
メンターとして、あなたの不安、悩みを解消し、
成功へ導きたいと思っています。

私自身もまだまだ発展途上です。
あなたと一緒に成長して行きたいと
思います。

ということで、新サイト「一人起業戦略.com」
をどうぞ宜しくお願いします!

●追伸1:「一人起業戦略.com」のブログ「メンター」
の最新記事は、今後メルマガでも配信します。

宜しければ、メルマガにもご登録下さい。

今、メルマガにご登録頂くと音声セミナー
戦略企画ドットコム・立上げ秘話
をプレゼントします。

詳しくは、メルマガ登録ページをご覧下さい。
一人起業戦略.comのメルマガ登録ページはこちら

●追伸2:Facebookページ「一人起業戦略研究所」も
同時に立ち上げました!宜しければ、遊びに
来て下さい!

「一人起業戦略研究所」はこちらをクリック!
※コメントお待ちしてます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS リーダーで購読する

一人起業戦略.comの立上げに着手しました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
戦略企画ドットコムの三宅巧一です。

本日は、2月14日・バレンタインデーですね。
基本的に自宅で仕事をしているので
娘や妻以外の人からチョコレートを
もらうことはありません。

会社員の方は、
”義理チョコ”をもらってる?
もしくは、義理チョコをあげた?
かも知れませんね。

私のような一人起業の場合は、こういう時に
ちょっぴり寂しさを感じたりしますね。
でも、それ以上に充実感があるので
全然問題ないのですが・・・。

あなたのバレンタインデーは、どんな
感じでしょうか?

さて、冒頭で”一人起業”というキーワード
が出てきました。

実は、1年ぐらい前からじっくり考えていた
構想があり、それを具現化する時が来た!
と思っています。

私は、今年の6月末で一人起業してから
3年になります。独立当初、最初の
3年間は売上・利益よりも

●独自ノウハウの確立
●ビジネスモデルの完成度を上げること

に注力すると決めていました。

つまり、ビジネスの基盤固めを最優先する
と決めていたのです。

そしてもうすぐ3年が経過するのですが

●2011年に独自集客ノウハウ「セルフSEO・無料集客法」
を確立しました

●そして、ビジネスモデルもほぼ確立できています。
具体的には、WordPress(CMS)を活用した

・ブログ集客パック
・ランディングページ(LP)集客パック
・ホームページ(HP)集客パック

の商品開発に成功しています。

まだ、ランディングページ(LP)集客パックや
ホームページ(HP)集客パックに関しては
ブログやホームページで公表していない
のですが、既に実績は積み重ねています。

現在、最終的なサービス内容・料金を
詰めているところです。

こんな感じで、一人起業から3年で、ビジネスの
強固な基盤を構築すること
ができました。

いろいろと大変な時期もありましたが
皆さまのご支援もあり、何とかここまで
辿りつくことが出来たのです。

では、4年目以降どうするのか?ですが
その答えが・・・

「一人起業戦略.com」

に集約されています。

一人起業戦略.comの詳しい内容に関しては
また別の機会にお話しますね。

コンサルタントや士業など、自分の知識や経験、
スキルを活かして一人起業を考えている方に
とっては、非常にお役に立てるサイト

なると思っています。

既にサイトの仕様書は完成し、制作段階に入って
いますので、完成が近づいたところで
また、詳しく説明したいと思います。

もちろん、私の得意分野であるWordPressの
ブログ(CMS)を使ってサイト構築します。

今は、「一人起業戦略.com」という
新しいブランド名を覚えて
おいて下さいね。

この「一人起業戦略.com」により
戦略企画ドットコムと私自身の
理念である

グローバルプロフェッショナル創出
を実現させたいと思っています。

楽しみにしていて下さいね!
私も非常に”ワクワク”してます(^^)。

では、本日の「気づきのシェア」は
ここまでにしたいと思います。

●追伸:第2回・理念起業勉強会の参加受付を
開始しました。3月3日(土)開催予定です。

詳しくはこちらのページをご覧下さい。

理念起業・勉強会はこちらをクリック!

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS リーダーで購読する

起業理念の作り方・個室居酒屋での気づきとは!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
戦略企画ドットコムの三宅です。

今回は、”起業理念”に関するお話です。

起業理念は、普段お話している”理念”
と同じ意味・内容です。

でも、今回は”起業理念”という言葉を使いますね。
あなたが起業する際にしっかり理念を考え、
その理念達成を追求するようなビジネスを
展開してほしい
、そう思っているので

あえて、”起業理念”という言葉を今回は使います。

なぜ、この記事を書こうと思ったのか?ですが、
昨晩(土曜日)に個室居酒屋で飲みながら
”気づき”があったので、このタイミングで
あなたにシェアしたいと思い、書くことにしました。

昨日、4人のメンバーであるビジネスの戦略会議を行い、
会議終了後、神田(小川町)の個室居酒屋「憩い稔り家」
で飲んでいました。

ちなみにこちらの居酒屋です。

12月1日にオープンした戦略企画ドットコムの
新WEBサービス「個室居酒屋.com」
の参加居酒屋さんになります。

話を元に戻しますね。
で、昨日集まったメンバーの構成は、

・私を含めた3名は、ドリームゲートのアドバイザー
・残り1名は、これから起業予定の会社員

になります。

お酒が進んで行くと、既に成功している
ドリームゲートアドバイザーの過去の
苦労話に発展し、今まで聞いたこと
ないような修羅場の話が出てきました。

それを聞いていて思ったのは、

●なぜ、この人は、このビジネスを今しているのか?
●この人のビジネススタンス、価値観、信念は
過去のスゴイ経験が影響していたこと

が見えてきて、かなり感情が動いたのです。
この人達とご縁があって本当に良かった
そう、心の底から思えました。

つまり、”共感”したわけですね。

でも、このような話はネット上では公開して
いないような話なんです。

誰でも過去の辛い経験は、ネット上では公開
したくないですよね。ただ、

●過去に経験した逆境や苦労話
●その逆境を乗り越えたストーリー
●そして、なぜ、今このビジネスをしているのか?
●将来的に何を目指し、どんなことを達成したいのか?

これらのことをすべてオープンにしたら、きっと
同じような信念・価値観を持った人が
”共感”し、自然と集まって来て
くれるのではないか?

そう、改めて思いました。

なので、もし、あなたがこれからビジネスを
展開していくのであれば、この”起業理念”を
しっかり考え、簡潔な言葉にまとめるのと同時に

その理念が誕生した背景や思いをそのまま
発信していく
と、きっとあなたにとっての
理想の見込み客が勝手に集まってくる

そう思います。

私は、ネット集客の専門家ですが、ネット集客は
テクニックが重要ではないと思っています。

集客で大切なことは、あなたならではの
”起業理念”を明確にし、それを発信し続けること

そして、起業理念を達成するためのビジネスを
展開していくこと
が最も重要だと思います。

あなたの今までの人生において、一番の逆境
は何でしょうか?あなたは、過去、どんな
修羅場を経験しましたか?

あなたの起業理念は、その逆境の中に
あるかも知れませんね。

過去経験した逆境を洗い出してみては
いかがでしょうか?

私が経験した逆境は、”アメリカ駐在時代”です。
私の起業理念である

「グローバルプロフェッショナルの創出」

は、アメリカ駐在中に経験した修羅場から
来ています。あなたも、一つや二つ
修羅場を経験したことがあると
思います。

そこから、起業理念を考えてみて下さい。
きっと、何か見えてくると思います。

本日は、”起業理念”に関するお話をしました。

●追伸:12月開催予定の起業セミナーは、残り1名
となりました。年内にセミナーを受講し
冬休みを利用して起業の準備を進めたい人は
早めにお申込み下さい。

起業セミナー(プライベート)のお申込みはこちら

戦略企画.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS リーダーで購読する

ホーム > 起業戦略 のアーカイブ

カレンダー
« 10 月 2017 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る