ホーム > サービス開発 のアーカイブ

サービス開発 のアーカイブ

サービス開発・魅力的なバックエンドサービスを開発する方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
戦略企画ドットコムの三宅巧一です。

3月3日(土)ひな祭りの日に
第2回目となる「理念起業勉強会
を開催しました。

今回も4名の方にご参加頂いています。
今回、ご縁を頂いたメンバーは、こんな方々です。

●既に独立起業している食育系コンサルタント
※私は彼から減農薬玄米を購入し、デトックス
玄米を毎日食べています。身体にいいですよ。

●独立起業直前のITコンサルエンジニアの方
※既に戦略企画ドットコムとご契約頂き
戦略作りや無料集客の仕組み作りに
取り組み始めたところです。

●30代男性会社員で、現在独立起業の準備を
着々と進めている方

※以前、ワンコイン勉強会や起業セミナーに
ご参加頂いた方です。引き続き、起業の
準備を進めています。

●IT系コンサル会社勤務の30代男性会社員の方
※Facebookから起業相談メッセージがあり、
今回ご参加頂くことになりました。

理念起業勉強会の様子は、こんな感じです。

今回は、独立起業に興味はあるけど、具体的な
準備はこれからという方から、既に独立起業
している方まで、いろんなステージの方が
参加されました。

共通している悩みは、

●理念・ビジョンが明確ではない
●提供価値が明確ではない

ということです。

今回の「理念起業勉強会」は
理念と提供価値にフォーカスして
ワークショップを行いました。

参加者の方は、いろいろと気づきが
得られたようで良かったです。

次回は、4月7日(土)開催予定です。
参加希望の方は、3月17日(土)9時以降に
参加受付を開始しますので、以下の
ページよりお申込み下さい。

今回も先着4名限定となります。

第3回・理念起業勉強会の詳細はこちら

では、本日のメインテーマに入りますね。

前回のブログ「気づきのシェア」では
魅力的なバックエンドを開発すると
集客が楽になるというお話を
しました。

ちなみに前回の記事はこちらです。

バックエンドを魅力的にすれば集客は楽になります!

そこで、今回はバックエンドサービスの開発方法
に関して詳しく説明したいと思います。

まず前提条件として

●理念
●自分の強み
●世の中のニーズ
●提供価値

を明確にしておく必要があります。

これらがある程度明らかになっている
ということを前提としてお話しますね。

では、バックエンドサービスの開発
プロセスをステップで説明します。

●ステップ1:提供価値を実現する方程式を考える

ステップ1は、提供価値を実現するための
方程式を考えます。

例えば、私の提供価値は
「無料集客の仕組み構築」
になります。

これを方程式で表現すると・・・

無料集客の仕組み=
「戦略」×「WordPress」×「セルフSEO」×「コピーライティング」

になります。

●ステップ2:要素分解していく

ステップ1で考えた方程式を更に要素分解
していきます。

例えば、「無料集客の仕組み構築における戦略とは何か?」
について深堀して考え、更に要素分解
していきます。

例えばこんな感じです。

●理念・ビジョン・提供価値
●バックエンド・フロントエンド
●信頼関係構築方法
●見込み客の定義
●見込み客の見える化
●見込み客を集める方法
●USP(差別化ポイント)
●コンセプト
●ポジショニング
●ブランディング
など

このように無料集客の戦略を考える上で
必要な要素を洗い出して行きます。

この作業を方程式におけるすべての要素に
ついて行います。

●ステップ3:要素を整理する

ステップ2を真面目に実行すると
恐らく、相当数の要素が出てきたと
思います。

それらの要素を整理する必要が
あります。そのため、

・ダブっている要素を統合
・不要な要素を削除

という作業をします。

●ステップ4:3つの条件を満足させる
サービス要素の組み合わせを検討する

バックエンドは、以下3つの条件を
満足するものを開発します。

1.ストック型(継続課金型)

毎月決まった金額を課金できるような
サービス内容・料金体系にします。

2.粗利益50%以上

ITをうまく活用したサービスを考えれば
粗利益50%以上は、それほど難しくない
と思います。

3.サービス開発原価ゼロ

新しいサービスの開発は、可能な限り
自分や社内の時間的なリソースだけで
実現できるようにしましょう。

そうすれば、リスクを最小限にして
サービス開発できます。

外部の力が必要な場合は、ジョイント
ベンチャーという手法を使えば、
初期開発原価ゼロで開発する
ことも可能です。

これら4つのステップに従って
バックエンドサービスを開発
してみて下さい。

ちなみに2011年5月に開発した
「ブログ集客パック」サービスは

・戦略コンサルティング
・WordPressブログ(CMS)構築
・ブログサイトのSEO対策ノウハウ提供
・ブログ記事のライティングノウハウ提供
・ブログサイトの保守

すべてが一つのパックになっている
サービスです。

戦略企画ドットコムがプロデュース
したWordPressブログサイトは
こんな感じです。

また、「ブログ集客パック」に加えて

・ランディングページ(LP)集客パック
・ホームページ(HP)集客パック

というパックサービスも追加開発
しています。

このように一つのバックエンドではなくて
複数のバックエンドを準備することで
お客さんの多様なニーズに応えて
いくことも重要です。

お客さんにもっと価値提供することで
長期的なお付合いも可能となります。

少し記事が長くなりましたが、バックエンド
サービスの開発に関してご理解頂けた
でしょうか?

ブログ集客パックのサービス紹介ページ
をご覧頂ければ、もう少し理解が深まる
と思いますので、宜しければこちらの
ページをご覧下さい。

ブログ集客パックの詳細はこちら

では、本日の「気づきのシェア」はここまで
にしたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS リーダーで購読する

ホーム > サービス開発 のアーカイブ

カレンダー
« 12 月 2017 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る