ホーム > WEBマーケティング | 旅行業支援 > 検索キーワードを考える「戦略的WEBサイト構築マニュアル」

検索キーワードを考える「戦略的WEBサイト構築マニュアル」

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

戦略企画ドットコム
戦略コンサルタントの三宅巧一です。

戦略コンサルタントブログ ”気づきのシェア”
116回目の記事になります。

まだ、1回目115回目の記事をお読みでない
方は、是非ご覧下さい。

ちなみに、このブログをメルマガでも配信しています
ので、メルマガ版も宜しくお願いします。

メルマガ版は、無料レポートや無料動画など
ビジネスに役立ちそうな情報を追加して
配信しています。

宜しければ、こちらからご登録下さい。
※お蔭様で、読者は13,300名ぐらいになりました。

ちなみに、将来いつでも起業できるように
準備を進めたい人は、

こちらのメルマガ(これも私が書いています)

「会社に依存しない”グローバル・プロフェッショナル”
を目指す会社員応援メルマガ(無料)」

もお薦めです。

宜しければこちらからご登録下さい。
※お陰様で、読者は1,290名ぐらいになりました。

今回も「旅行業支援.com」で無料公開している
レポートの一部を引用しながら、
戦略的なWEBサイト構築方法について説明します。

本日のテーマは、

見込み客が検索エンジンで使用するキーワードを考える

です。

WEBサイトのコピーやブログの記事内容で十分検討
しなければいけない内容の一つに”キーワード”があります。

現在、人が情報を収集したり、何かを購入する時は、
かなりの人がGoogle、Yahoo!などの検索エンジンを
使用しています。

その際、入力しているのは、“検索キーワード”です。

見込み客が入力したキーワードにヒットさせ、
自社のWEBサイトやブログサイトを上位表示させる
必要があります。

これをSEO(Search Engine Optimization:
検索エンジン最適化)対策と言います。

従いまして、WEBサイトを構築する際は、
あなたの見込み客がどんなキーワードを使用しているのか
をよく調査・分析し、そのキーワードをコピー(文章)
の中に入れる必要があります。

キーワードを見つける主な方法は、以下の通りです。

1.Googleのキーワードツール(無料)を活用し、
キーワードと検索回数を調査する
https://adwords.google.co.jp/select/KeywordToolExternal

2.既存のサイトがあれば、GoogleのAnalyticsを設定し、
どのようなキーワードで流入があるのかをチェックする

3.リスティング広告(Google AdWords、Yahoo Overture)を
テスト運用し、反応率が高いキーワードを見つける

4.お客様に簡単なアンケートを取り、自由記述回答から
キーワードを拾う

ここを間違えてしまうと、アクセスは取れるのですが
成約になかなか繋がらないという結果を招きます。

非常に大切な内容となりますので、よく調査しましょう。

では、本日のブログはここまでにしたいと思います。

関連する投稿

このエントリーをはてなブックマークに追加



RSS リーダーで購読する

コメント:0

コメントフォーム
プロフィールと個人設定

トラックバック:0

このエントリのトラックバック URL
http://strategy-plan.com/blog/archives/1095/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
検索キーワードを考える「戦略的WEBサイト構築マニュアル」 から 戦略コンサルタントブログ ”気づきのシェア” 戦略企画.com

ホーム > WEBマーケティング | 旅行業支援 > 検索キーワードを考える「戦略的WEBサイト構築マニュアル」

カレンダー
« 6 月 2017 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る