ホーム > ジョイントベンチャー のアーカイブ

ジョイントベンチャー のアーカイブ

ジョイントベンチャーを活用し初期投資ゼロでビジネスを立上げる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
戦略企画ドットコムの三宅巧一です。

もうすぐ3月も終わり、いよいよ新年度の
始まりですね。月日が経つのは本当に
早いですね。

気持ちを新たにして新しい道を
歩み始める人もいるのでは
ないでしょうか?

私も新しいことにチャレンジするため
新サイト「一人起業戦略.com」を
構築中です。

4月上旬には、公開したいと思っています。
この「一人起業戦略.com」では、
私が培ってきた一人起業ノウハウを
出し惜しみすることなく公開する予定です。

楽しみにしていて下さいね!

では、本日の本題に入りたいと思います。

前回のブログ「気づきのシェア」では
WordPressブログ集客の重要性とその
ポイントについてお伝えしました。

前回のブログ記事は、こちらをご覧下さい。

無料集客の仕組みにWordPressブログが必須の理由とは?

今回の「気づきのシェア」では、
ジョイントベンチャーを活用し
初期投資ゼロでビジネスを立上げる方法

というテーマでお話したいと思います。

ジョイントベンチャーを活用すると
初期投資ゼロで、新しいビジネスや新しい
サービス提供を開始することが可能です。

私は、事業再建に取り組んでいたアメリカ
駐在時代から、このジョイントベンチャー
(略して「JV」)を活用することで
ビジネスを拡大してきました。

そして、アメリカ帰国後に転職した
ベンチャー企業においてもJVを活用し
新規事業の立上げをしています。

また、独立起業後も積極的にJVを
活用するようにしています。

本日の「気づきのシェア」では、

■そもそも「ジョイントベンチャーとは何か?」
■ジョイントベンチャーの種類は?
■ジョイントベンチャーの具体的な方法とは?
■ジョイントベンチャーの事例

に関して、お伝えしたいと思います。
少し長くなりそうですが、重要な内容なので
最後までお付合い下さい。

■そもそも「ジョイントベンチャーとは何か?」

ジョイントベンチャーという言葉を
初めて聞いたかも知れませんので、
まず最初に「ジョイントベンチャー」
とは一体何か?というお話をします。

ジョイントベンチャーは、ある会社とある会社が
共同出資して新しい会社を設立し、一緒に
会社経営するという意味もありますが、

マーケティングにおけるジョイントベンチャーとは、
もっと簡易的な内容で、お互いの合意が得られれば、
すぐにでも始められる手法です。

ここで説明するジョイントベンチャーとは、
お互いの経営資源(例えば、顧客基盤など)を活用し、
お互いのビジネスを拡大する手法
になります。

既に持っている経営資源を活用するため、
追加投資の必要がなく、比較的容易に
始めることができます。

アメリカの有名マーケターであるジェイ・エイブラハム氏が
最も得意とする手法で、彼がクライアントにもたらした
売上増の約70%は、このジョイントベンチャーを
活用したもの
と言われています。

それだけ、強力な手法と言えます。

■ジョイントベンチャーの種類は?

一言で「ジョイントベンチャー」と言っても
いろんな種類があります。ただ、あなたを中心
に考えた場合、大きな視点で分類すると、
以下の3つに集約できます。

1.あなたがホスト側になるJVパターン
このパターンは、あなたが資産を提供する側
になります。例えば、あなたの見込み客リストを
提供する形態です。

2.あなたが受益者側になるJVパターン
このパターンは、JVパートナーの資産を活用し、
利益を得る側になります。例えば、見込み客
リストを使わせて頂き、売上・利益を得る
という形態です。

3.共同でビジネス展開するJVパターン
このパターンは、お互いの強みを活かし
お互いの資産を提供することでビジネスを展開、
そこで得られた利益を分配する形態になります。

1に関しては、特に何もすることなく
追加で利益を得ることができます。

既にある程度成功していて、見込み客
リストなどの資産を持っている場合に
有効なJVパターンです。

2に関しては、新規事業の立上げ、新サービスの
立上げ、起業など、全くゼロの状態からビジネス
を立ち上げる時に有効だと思います。

3に関しては、お互いの強みを活かし、お互いが
役務提供や資産提供することで新しい価値を
創造し、得られた利益をルールに従って
分配する方法です。これも新規事業や新サービス
の立上げに有効だと思います。

ちなみに、私の場合は、対等な立場で一緒に
ビジネスをすることで、理念達成を追求
したいので、パターン3をよく活用しています。

■ジョイントベンチャーを成功させる具体的な方法とは?

では、ジョイントベンチャーを進める上で
ポイントとなる点は何か?
解説したいと思います。

パターン1に関しては、あなたが資産を
提供する側なので、話があるのを
待っても良いですし、積極的に
仕掛けても良いと思います。

ここでは、パターン2と3のケースを
前提としてお話します。

●プロセス1:JVパートナーを探す

JVを成功させるためには、パートナー選定が
非常に重要です。以下、4つの観点で
パートナーを探しましょう。

1.理念・ビジョンなど目指している方向が同じ
2.お互いの強みと弱みが補間関係にある
3.自分の商品・サービスと競合しない
4.ターゲット見込み客が同じ

最初は、できれば友人・知人の方が
取り組みやすいと思います。

友人・知人の中で、適切な人がいない場合は
Facebookなどのソーシャルメディアを
うまく活用しましょう。

●プロセス2:JV企画を簡潔にまとめる

パートナー候補が見つかったら、あなたが考えている
JV企画を伝える必要があります。

そのため、以下の要領でJV企画を検討します。

1.ジョイントベンチャーの企画内容を
簡潔に1枚にまとめる

2.パートナー側のメリットを明確にする
(利益などの金額と計算根拠を示す)

.パートナー側にお願いしたいこと
(役務提供、資産提供など)を明確にする

※パートナー側から見て、あまり負担に
ならないよう配慮する

特に「JVパターン2:あなたが受益者の場合」は、
相手を儲けさせるというマインドが必要です。

最初の取引では、相手にすべての利益を提供
するくらいでも良いと思います。

そうすれば、JVを断る理由がなくなりますし
短期間で信頼関係を構築することも可能です。

●プロセス3:パートナー候補にコンタクトする

プロセス1でリストアップしたJVパートナー候補
にEメールやFacebookなどでコンタクトします。
いきなり本題に入るのではなく、まずは信頼関係
構築を心がけましょう。

つまり、自分がしてほしいと思っていることを
相手にするようにします。そうすれば、
信頼関係を構築しやすいと思います。

そして、タイミングを見計らい情報交換を
打診して見て下さい。やはり、メールのやり取り
よりも直接会ってお話する方がJVを進めやすいと
思います。

遠方のため面談が難しい場合は、スカイプ
を使ってお話すると良いと思います。

■ジョイントベンチャーの事例紹介

では、JVの事例を紹介したいと思います。
事例はいろいろありますが、まずは
私がアメリカで消費者として体験した
JV事例を紹介したいと思います。

クレジットカード会社と航空会社の
ジョイントベンチャー事例
です。

私はアメリカ駐在時代、月に1回のペースで
国内出張していました。アメリカの場合、
国土が広いため、出張はほとんど飛行機を
活用します。

その際、よく活用していた航空会社は、
コンチネンタル航空(現在は、ユナイテッド航空と
経営統合しています)でした。そして、
クレジットカードは、VISAカードを
使っていました。

なぜVISAカードなのか?
理由は簡単です。

このVISAカードで買い物をすると、1ドルにつき
1マイルのマイレージが加算される

仕組みになっていたからです。

コンチネンタル航空の機内誌にそのクレジットカードの
申し込み用紙がありました。そこで、その申し込み
用紙からクレジットカードを申請したのです。

コンチネンタル航空の顧客資産をVISAカードが
うまく活用し、利益を得ているジョイント
ベンチャーモデルになります。

ここで、それぞれの会社における
メリットを整理してみましょう。

■コンチネンタル航空のメリット:

●カードの利用金額に応じてVISAカードから
手数料収入を得ることができる

●飛行機を飛ばすコストは空席があっても
それほど変わらないので、マイレージを
使って乗客が増えても損失はない
(手数料収入メリットの方が大きい)

●VISAカードからの集客も期待できるため、
顧客数を増やすことができる

■VISAカードのメリット:

●コンチネンタル航空の経営資産を有効活用
することで広くサービスを告知できる

●マイレージという強力な無料オファーで
カード契約者を増やすことができる

●マイレージが加算されるため、顧客のカード
使用頻度が上がり、バックエンドで
儲けることができる

前半で説明した通り、ジョイントベンチャーには、
・ホスト(経営資産を提供する側)
・受益者(相手の経営資産を活用して利益を得る側)

が存在します。

このケースでは、
・ホスト=コンチネンタル航空
・受益者=VISAカード

になると思います。

ホスト側であるコンチネンタル航空は、空席=売上・利益を
失うことを意味するため、このジョイントベンチャーに
より追加で利益を稼ぐことができます。

もちろん、受益者であるVISAカードは、コンチネンタル航空に
手数料を支払っても十分な利益を得ることができるはずです。

あなたもそうだと思いますが、クレジットカードは
一度メインカードとして使い始めると
あまり変更しません。

カードの有効期限は、最低でも3年はありますので、
その期間は使い続けます。

現在、私は東京に住んでいますので、コンチネンタル航空を
使うことはほとんどありませんが、未だにアメリカで
発行したVISAカードは使っています。

既にこのVISAカードを使い始めて10年以上経過しています。
そのため、VISAカードは十分な利益を得ていると思います。

コンチネンタル航空にとっても、私が東京へ移住したこと
により固定客を失うことになりますが、VISAカードからの
手数料収入があると思われますので、メリットになります。

このジョイントベンチャーは、お互いがWin-Winとなる
良い事例だと思います。だから今でも継続している
のだと思います。

日本では、コンチネンタル航空とJCBカードが
同じようなジョイントベンチャーを展開しています。

私もコンチネンタル航空のマイレージが
貯まるJCBカードを持っています(笑)。

このように相手のメリットを十分打ち出せるように
じっくりジョイントベンチャー企画を練りましょう。

単純な成功報酬による手数料型ジョイント
ベンチャーではうまく機能しないと思います。

私は以前、人材紹介会社に在籍していました。
人材紹介業界も提携が多い業界の一つです。

お互いが持っている求人情報や人材情報を
うまく活用し、成約に至った場合は、手数料を
折半するようなモデルです。

しかしながら、単純な成功報酬による手数料型モデルなので、
ほとんど機能していません
でした。提携当初は、
やり取りが活発なのですが、次第にフェードアウトする
パターンが多く見られます。

ジョイントベンチャーの大きな課題としては、
ホスト側は受益者側からジョイントベンチャーの
打診があったとしても、簡単にはYesと言わないことです。

自分たちが苦労して築き上げてきた顧客基盤に
他社がアプローチするわけですから、相当な
メリットがないとなかなかやってみよう
という気にならないでしょう。

ジョイントベンチャー成功の鍵は、
相手に十分なメリットを与えることです。

かなり長くなりましたが
ジョイントベンチャーに関して
ご理解頂けたでしょうか?

では、本日の気づきのシェアは
ここまでにしたいと思います。
●追伸:戦略企画ドットコムが発行している無料レポートの紹介です。
あなたのニーズにマッチしたレポートをダウンロードして下さい。
すべて無料でダウンロード頂けます。

◆理系的業績アップ法に関する無料レポート

テレアポ・飛び込み営業などの”泥臭い営業”不要
「理系的アプローチで業績アップする方法」
方程式は「戦略×実行×インターネット」

3C分析を活用した”コンセプト”作成方法にも
触れています。宜しければ、以下のページより
無料ダウンロードをお申し込み下さい。

無料レポート「理系的アプローチで業績アップする方法」はこちら

◆広告宣伝費ゼロで集客できる「セルフSEO・無料集客法」に関する無料レポート

「12か月で無料集客の仕組みを構築する方法」PDF版(パソコン用)はこちら

「12か月で無料集客の仕組みを構築する方法」EPUB版(スマホ用)はこちら

◆一人起業の成功ノウハウ「理念起業法」に関する無料レポート

「理念起業で年収1000万円を実現する9ステップ」無料・PDF版(パソコン用)

「理念起業で年収1000万円を実現する9ステップ」無料・EPUB版(スマホ用)

「理念起業で年収1000万円を実現する9ステップ」総論編(有料版)
※こちらは有料版(500円)になります。EPUB版・PDF版両方提供します。

◆2012年9月リリースの最新作無料レポート

「3ステップ・商材営業法」で楽に新規開拓する方法(PDF版)
~入社1年目の女性社員でも新規開拓できてしまう方法とは~

戦略企画ドットコム通信。業績アップのノウハウが詰まった門外不出のメルマガをついに解禁

PR:紫外線殺菌装置「エアロシールド」なら紫外線殺菌研究所

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS リーダーで購読する

ジョイントベンチャーで「旅行業支援.com」を立ち上げました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

戦略コンサルタントの三宅巧一です。

戦略コンサルタントブログ ”気づきのシェア”
114回目の記事になります。

まだ、1回目113回目の記事をお読みでない
方は、是非ご覧下さい。

ちなみに、このブログをメルマガでも配信しています
ので、メルマガ版も宜しくお願いします。

メルマガ版は、無料レポートや無料動画など
ビジネスに役立ちそうな情報を追加して
配信しています。

宜しければ、こちらからご登録下さい。
※お蔭様で、読者は13,300名ぐらいになりました。

ちなみに、将来いつでも起業できるように
準備を進めたい人は、

こちらのメルマガ(これも私が書いています)

「会社に依存しない”グローバル・プロフェッショナル”
を目指す会社員応援メルマガ(無料)」

もお薦めです。

宜しければこちらからご登録下さい。
※お陰様で、読者は1,290名ぐらいになりました。
この度、私のクライアントと共同で、新しいブランド
を立上ましたので、その背景を少し説明したい
と思います。

ブランド名は、”旅行業支援.com”になります。

戦略企画.com:ITベンチャー企業に特化した業績アップ支援

士業支援.com:「強い」士業を実現する戦略的業績アップ支援

に続く3つ目のブランドになります。

但し、このブランドの運営会社は、
私のクライアントになります。

さすがに、私単独では無理なので・・・。

では、このブランドを立ち上げることになった
背景を説明しますね。

私のコンサルティングは、戦略コンサルティング
だけではなく、ハンズオン型実行支援を得意として
いますので、

クライアントと一緒に旅行会社
(ちなみに、このクライアントのターゲットは、
旅行会社です)を訪問し、課題に関して
ヒアリングしています。

その中で感じたことは、「旅行会社は、システムを
求めているのではなく、業績アップのソリューション
を求めていること」です。

特に人・物・金の経営資源が十分ではない中小の
旅行会社は、そのニーズが顕著であると感じました。

このままでは、淘汰されてしまう旅行会社も多いと
思います。

そこで、中小旅行会社の業績アップを支援するサービス
を企画し、クライアントと戦略企画ドットコムとの共同
企画として、”旅行業支援.com”を立ち上げることに
なりました。

その第一弾として、私が書いた無料レポートの
ダウンロードサービスを開始しています。

中小旅行会社に分かりやすい「戦略的WEBサイト構築マニュアル」

旅行業界関係者の人は、是非以下のサイトをご覧下さい。

http://tbiz-support.com

では、本日のブログはここまでにしたいと思います。

追伸:ITベンチャーの方には、こちらの無料レポートがお薦めです。

ITベンチャー社長に分かりやすい
「事業戦略策定マニュアル」

こちらからダウンロードして
参考にして下さい。

http://strategy-plan.com/book2.html

なお、税理士・社労士などの士業の方は、
こちらの無料レポートがお薦めです。

士業に分かりやすい「戦略的業績アップマニュアル」
~自分の強みを活かしたブランディング戦略編~

http://strategy-plan.com/shigyoshien

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS リーダーで購読する

ジョイントベンチャー(続編)・戦略立案ワークフロー・既存事業の梃入れ編(Vol.12)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
戦略コンサルタントの三宅巧一です。

戦略コンサルタントブログ ”気づきのシェア”記念すべき42回目の記事になります。
まだ、1回目41回目の記事をお読みでない方は、是非ご覧下さい。

私が運営している”グローバルプロフェッショナルキャリア研究所(GPC研究所)”
も是非見て下さいね。こちらは、個人向けの戦略的キャリアアップ支援サイトになります。

また、戦略コンサルタントブログ”気づきのシェア”メルマガ版の配信も始めました。
最新記事の投稿と同時にメルマガでも配信しますので、定期購読者の方には便利です。
宜しければ、こちらからご登録下さい。⇒ http://www.mag2.com/m/0001001632.html

さて、今回は前回の続編、ジョイントベンチャーですね。
私のアメリカでの成功実話の続きをあなたへシェアしたいと思います。

ちょっとおさらいすると、アメリカでインターネット直販している会社
(仮にA社としましょう)とのジョイントベンチャーの話になります。

実際、他の製品に関しては、A社と競合関係になるのですが、取扱が決まった製品に関しては
A社はまだ取扱っていませんでしたので、ここは補間関係が成立します。
私の会社が製品を供給し、A社がインターネットを活用して北米全土に
販売するというジョイントベンチャーモデルになります。

ここで、各社のメリットをまとめてみましょう。

私の会社のメリットとデメリット:
まずはメリットですが

◆A社の顧客基盤やイーコマースサイト(ECサイト)を活用して、広大な北米市場に自社製品
を販売することができる。つまり

・営業効率が上がる(営業マンは不要です)
・売上が飛躍的にアップする(億単位の商談になりました)
・自社ブランドで販売してくれるので、ブランド名が北米市場に浸透する
(市場での認知度が上がるので、他の製品も売りやすくなります)

一方デメリットですが

・粗利益が低い(相手に儲けさせる必要があるため)
・契約解除となった場合、大きな売上を失うことになる

しかしながら、メリットの方が大きいと言えると思います。

一方、A社のメリットとしては、製品を安価で仕入れることが出来、高い粗利益を確保できること、
デメリットとしては、ブランドの認知が進んだ際に、契約解除となり独自路線で販売される
リスクがあるということになります。

このように一見競合関係にあっても、うまい形でジョイントベンチャーを展開し、
Win-Winの関係を構築することが可能です。

ちなみにこのA社のサイトを最近のぞいてみたのですが、まだ私がまとめた商談の製品が
販売されていました。きっと成功していることと推測します
(この会社は、売上が伸びないと他社品へ切り替える方針なので)。

あなたのビジネスにおいても、是非ジョイントベンチャーを活用してみて下さい。

なお、この前開講したネット講座
「戦略的ビジネス構築ネット講座シリーズ~既存ビジネスの梃入れ編~」
の第9章でも、ジョイントベンチャーに関して詳しく説明しています。

これとは別の事例を使って、ジョイントベンチャーの展開方法を詳しく説明していますので
是非、受講して下さいね。

第1章は、お試し受講(無料)なので、お気軽に受講して下さい。

では、本日のブログはここまでにしたいと思います。
次回のブログも楽しみにしていて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS リーダーで購読する

ホーム > ジョイントベンチャー のアーカイブ

カレンダー
« 2 月 2017 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る