ホーム > 営業関連 | 戦略立案 | 新規開拓営業 > 新規開拓営業にテレアポは不要です(コミPo!で表現してみました!)

新規開拓営業にテレアポは不要です(コミPo!で表現してみました!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
戦略企画ドットコムの三宅です。

早いもので、もう1月も終わりですね。
2011年の最初の1か月はどうでしたか?

私の場合は、非常に内容の濃い1月でした。
主な成果としては、

1.単発の企業魅力発信レポート作成案件を
受注(2月納品予定)

2.「一人会社社長の戦略的節税対策マニュアル
をリリース(クライアントとの共著)

3.新しい支援先とのご縁があり、2月から支援する
ことが決定(ECサイトの運営支援プロジェクト)

4.独立3年の売れっ子税理士とのジョイントベンチャー
企画決定(現在、ビジネスプラン構築中)

5.支援先の社員研修の一貫として、ワークショップ
の講師をすることが決定(2月実施予定)

6.支援先の新プロジェクト用ランディングページが
完成、見込み客の集客を開始

7.「戦略企画.com」の戦略最適化の内容確定
現在、新しいコンセプトに合わせてインターネット
媒体を修正中

こんな感じで、多くの成果がありました。

最後の7.に関しては、

・ホームページのコピーとデザイン修正
・ランディングページの修正
・「戦略企画ドットコム通信」の配信開始
※私の無料レポートをダウンロード頂いた方
限定のメルマガです。
・Facebook、Twitterなどのプロフィール修正
・無料レポートの刷新

など、いろいろと取り組んでいます。

そこで、今回は刷新した無料レポートに関して
紹介したいと思います。

コミPo!(コミポ)を使って漫画を作成したので
こちらを見て下さい!
※ちなみにコミPo!(コミポ)の公式ブログはこちらです。

営業・マーケティングが苦手な技術系出身社長に最適な業績アップ法

営業・マーケティングが苦手な技術系出身社長に最適な業績アップ法

私は、新卒で就職してから17年間ビジネスの
世界にいます。大学・大学院は理系だったの
ですが、営業・マーケティング系のキャリアを
歩んできました。

そして、常に営業関係の仕事がベースにあります。

●最初に就職した電機メーカーでは海外営業配属
韓国、東南アジアの営業を経験しました。

●アメリカ赴任時は、事業再建を責任者として経験
もちろん、自ら営業活動もしています。

●帰国後ベンチャーへ転職しましたが、そこでは
新規事業の立上を責任者として経験。
新規事業の場合、営業は、ほとんど新規開拓営業です。

●独立起業時も当然ですが新規開拓営業が必要です。

と言う感じで、常に営業がベースにあり、その上に
マーケティングやマネジメントという経験を積み重ねて
きました。

でも、この17年間、一度もテレアポや飛び込み営業など
泥臭い営業はしたことがありません。
元々理系なので、あまりそういう方法は好きではない
ですし、される側も嫌ですよね。

でも、新規開拓してきています。そして、事業責任者
としても、コンサルタントとしても実績を上げています。

そこで、このノウハウを体系的にレポートに
まとめました。タイトルは、、、

”泥臭い営業”が嫌いな技術系出身社長に最適
理系的アプローチで業績アップする方法
方程式は「戦略×実行×インターネット」

になります。

こちらより無料でダウンロードできます。
http://www.strategy-plan.com/book2.html

もし、宜しければこのレポートをご活用頂ければ
と思います。

では、今回はここまでにしたいと思います。

戦略相談箱

関連する投稿

このエントリーをはてなブックマークに追加



RSS リーダーで購読する

コメント:0

コメントフォーム
プロフィールと個人設定

トラックバック:0

このエントリのトラックバック URL
http://strategy-plan.com/blog/archives/1601/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
新規開拓営業にテレアポは不要です(コミPo!で表現してみました!) から 戦略コンサルタントブログ ”気づきのシェア” 戦略企画.com

ホーム > 営業関連 | 戦略立案 | 新規開拓営業 > 新規開拓営業にテレアポは不要です(コミPo!で表現してみました!)

カレンダー
« 4 月 2017 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る