ホーム > ビジネスマインド | マインドセット > TOEIC300点の海外営業マンが起こした奇跡とは?

TOEIC300点の海外営業マンが起こした奇跡とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
戦略企画ドットコムの三宅巧一です。

今回も独自配信メルマガ「SP通信」で
配信したメルマガをここに掲載しますね。

今回の「SP通信」で伝えたいことは

・人間はすばらしい可能性を秘めている
・自分の可能性に制限をかけているのは自分自身
「やれば必ずできるんだ!」

ということになります。

心にブレーキがかかっている人
是非、ご覧ください!

今回もメルマガ記事ということもあり
SEOのことは、全く意識しないで書いてます。

以下、「SP通信」の全文です。

------------------ここから

こんにちは!
戦略企画ドットコムの三宅巧一です。

先週の「SP通信」で、

「究極のプルークボーゲンから得られた気づきとは?」

というタイトルの記事を配信したところ
こんな反響を頂きました。

———————————————————
某企業経営者:

今日のSP通信のプルークボーゲンの話、よかったですよー。
今ちょうど、勉強し直そうとしていることがありまして・・。
初心にかえって頑張ろう!という気持になれました。
次回も楽しみにしています。
———————————————————
一人起業のクライアントさん:

この前のメルマガを読んで
ブログを続けようという気になりました!
———————————————————

少しは、お役に立てたようで自分も
うれしくなりました。

もしも、前回の「SP通信」を読んでいない場合は、
昨日アップしたブログ「気づきのシェア」で
この記事を掲載していますので、是非
読んで頂けるとうれしいです。

あなたのマインドに変化をもたらす
きっかけになればと思います。

「究極のプルークボーゲンから得られた気づきとは?」

では、本日の本題に入りますね。
今日の「SP通信」では、

・人間はすばらしい可能性を秘めている
・自分の可能性に制限をかけているのは自分自身
「やれば必ずできるんだ!」

ということを私の体験談を交えて
お伝えしたいと思います。

ちょっと自分の恥をさらすような内容なので
躊躇してしまうところもあるのですが
あなたのお役に立てると思いますので
書きたいと思います。

あなたは、英語が得意ですか?

グローバル化が進んだ世の中では
英語が重要となってきましたよね。

私は、アメリカ駐在を6年も経験したので
英語は商談で使えるレベルまで
アップすることができました。

最近は、英語を使う機会が減ったので
随分忘れてしまったとは思いますが・・・。

でも、最初は超苦手でした。
どれくらい苦手だったかというと・・・

●岐阜高専から山梨大学へ編入学する時に
単位認定試験を受けたのですが、英語は
1単位も認められませんでした。

そのため、大学1年生と一緒に英語の
授業を受けてました(笑)。

●富士電機へ新卒で入社した時のTOEICのスコアーが
なんと300点しかありませんでした。満点は確か
990点で4択問題なので、全く英語の知識がなくても
単純計算で250点は取れるはずです。

それなのにお恥ずかしい話ですが300点でした。

●アメリカ駐在が決定した1997年の時に受けた
TOEICも300点台という散々な結果です。

入社してから3年間も海外営業をしていたのに
全く進歩がありませんでした。

●そして、それから猛勉強して、アメリカ赴任直前に
受けたTOEICは、何とかスコアーがアップし、
550点でした。

で、アメリカに赴任してみて
どうだったかというと・・・

TOEIC550点ぐらいでは、実践で
全然使えませんでした(涙)。

それでも、アメリカ人とコミュニケーションを
取らないといけないですし、お客さんを訪問し
商談をしないといけないです。

本当に逃げ出したい気持ちで一杯でした。
実際、アメリカへ行くのが嫌で嫌でしょうがなく
真剣に転職活動をしていた時期がありました。

赴任当時は、

・英語が全く話せない
・製品知識もあまりない
・アメリカ市場を全く理解していない
・アメリカ本土は、初上陸

というこれ以上ない悪条件だったので、
本当に逃げ出したい一心でした。

自分には、絶対無理と勝手に自分で自分を
制限していたのです。

案の定、赴任当初はアメリカ人スタッフと
コミュニケーションがうまく取れず

アメリカ人を怒らせてしまい
村八分状態にされたことも
ありました。

また、使ってはいけない英語
(had better)を良かれと思って
使ってしまい、アメリカ人マネージャーを
激怒させたこともありました。

余談ですが、had better の日本語訳は
「●●する方が良い」なので、丁寧な言葉だと
思われがちですが、アメリカでは”脅迫”に近い
ニュアンスなので、絶対に使ってはいけない言葉です。

話を元に戻しますね。

日本語では、自分の考えを相手に伝えたり
相手の考えを理解したりすることは
簡単ではありませんが、何とか
できますよね。

でも、英語でこれをやるのは
本当に大変です。

自分が思っていることを正しく相手に
伝えられないという苛立ちから

自分のオフィス(アメリカでは、マネージャー
以上は個室を持つことができます)で
一人泣いたこともありました。

心労から白髪も一気に増えました。

とにかく、29歳までの人生(当時は29歳でした)
でどん底の状態
だったのです。

準指導員の試験に落ちて、彼女にふられた時とは
比べ物にならないほど、どん底でした。

では、このような逆境の中でどうしたのか?
ですが・・・

ちょっと、1回のメールでは伝えられないので
次回の「SP通信」でお伝えしたいと
思います。

次回の「SP通信」を楽しみにしていてください!

では、本日はここまでにしたいと思います。

宜しければ、ご意見・ご感想等をFacebookページに
コメント(もしくはメッセージ)して頂けるとうれしいです。

Facebookページ【理系的業績アップ研究会】

-------------------ここまで

戦略企画ドットコム通信(SP通信)では
ブログよりも更に濃い内容をお伝えしています。

宜しければ、SP通信にご登録くださいね。

戦略企画ドットコム通信。業績アップのノウハウが詰まった門外不出のメルマガをついに解禁

関連する投稿

このエントリーをはてなブックマークに追加



RSS リーダーで購読する

ホーム > ビジネスマインド | マインドセット > TOEIC300点の海外営業マンが起こした奇跡とは?

カレンダー
« 5 月 2017 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る