ホーム > WEBマーケティング | ネット集客 > ネット集客の成功法則(3)ホームページでは反応が取れなくなりつつある理由とは?

ネット集客の成功法則(3)ホームページでは反応が取れなくなりつつある理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
戦略企画ドットコムの三宅です。

今回も「ネット集客の成功法則」に関するお話を
したいと思います。

既に多くの企業で、ホームページはお持ちだと
思います。でも、なかなか反応が取れなくて
リニューアルを考えている会社も多いのでは
ないでしょうか?

もちろん、資金的に余裕があればホームページ
をリニューアルする方が良いと思いますが
結構な予算を割いて、きれいなホームページに
リニューアルしたとしても、見込み客から反応が
取れるとは限りません。

折角お金をかけてホームページを作り直したのに
問合せ件数や成約件数が伸びないというお話は
結構聞きます。

それは、何故か?ですが・・・
一言で言うと、”戦略がないから”ということに
なります。

ホームページ、ブログ、ランディングページ(LP)、
Twitter、Facebookなど、インターネット集客に
おけるいろいろなツールがありますが、それらを
うまく使いこなせている会社は、まだまだ少数派
だと思います。

それぞれのツールを何のために使うのか?
ということをもう一度よく見直すことが大切だと
思います。

例えば、ホームページは、会社に関する情報だけ
外部に発信できれば十分ということであれば、
見た目のデザインだけきれいにする程度で十分です。
それほどお金をかける必要はありません。

一方、見込み客を開拓するという目的であれば
しっかり作り直す必要があります。

ただ、最近の傾向として、ホームページでは
以前よりも反応が取れなくなってきている
ようです。

その理由に関して説明しますね。

大きく理由は2つあります。

■理由1:ホームページのコピーが顧客目線になっていない

ホームページの歴史を振り返ってみると、自社の概要や
サービス内容を自社目線で表現するところからスタート
しています。インターネットが本格的に普及し始めた
1990年代は、それでも十分反応を得ることができました。

でも、グローバル化が進み、インターネットが普及する
に従って、世界中の情報が簡単に入手できてしまう
世の中となっています。

そのため、購入者側の選択肢が増え、ニーズも多様化
しています。商品やサービスが巷に溢れかえっている
状態ですね。そのような状況の中で、自社目線で情報を
発信しているホームページは、自分達目線で商品や
サービスの説明をしているので、購入者側の目線で見た場合、

●どんな悩みを解決してくれるのか?

●他社と比べた場合、どんなメリットや
ベネフィット(価値)があるのか?

が分かりにくい作りになっているのが大半です。

では、ホームページのコピーを自社目線ではなく、
購入者目線に修正してサイトを作り直せば良い
のでは?と思われたかも知れませんが、

サイト全体を修正する予算とその効果を考えた場合、
ホームページにお金を投入するよりは、別の方法に
お金を投入する方が、その費用対効果が高いと
思っています。

その方法とは何か?ですが、長くなりそうなので
理由2と共に次回説明したいと思います。

●追伸:ネット集客に関しては、こちらの
無料レポートがお薦めです。

広告費を削減しながら売上をアップする方法

戦略相談箱

関連する投稿

このエントリーをはてなブックマークに追加



RSS リーダーで購読する

コメント:0

コメントフォーム
プロフィールと個人設定

ホーム > WEBマーケティング | ネット集客 > ネット集客の成功法則(3)ホームページでは反応が取れなくなりつつある理由とは?

カレンダー
« 6 月 2017 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る