ホーム > タグ > 意味

意味

他力から自力へが成功のポイント!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
戦略企画ドットコムの三宅巧一です。

白馬のビジネス合宿から戻った翌日、
8月9日(土)は、桑原正守さん
とのコラボ企画ファイナルとなる

一人起業アカデミー・体験セミナー

を開催しました!

当時の様子は、こんな感じです。

このシリーズのセミナーは
全部で3回開催したのですが
今回が最後でした。

累計で100名以上の方にお申込み頂き、
90名を超える方々に実際にご参加頂きました。

本当にありがとうございます!

そして、現時点で28名の方より
入塾の申込みを頂いています。

こちらは、セミナー終了後の懇親会の様子

セミナーには、参加できなかったけど
「一人起業アカデミー」には
興味がある

という方は、個別に対応しますので
こちらよりお問合せくださいね。

■一人起業アカデミーのお問合せはこちら!

今月、8月24日(日)が開講日なので
あまり時間的な余裕がありません。

そのため、「一人起業アカデミー」
に関する案内動画と募集要項を
メールでお伝えするようにしますね。

それらをご覧になった上で
最終的な確認のため、電話や
スカイプ、対面で相談対応させて頂く
という形を取りたいと思います。

「ピン」と来た方は、直感を信じて
お問合せくださいね。

さて・・・

一人起業アカデミーの体験セミナーでは、
桑原正守さんから

「他力から自力へ」

というお話しがありました。

そこで、本日のブログ「気づきのシェア」
では、その内容に関してお伝えしたいと思います。

重要な話なので、最後までお付き合い
くださいね。

話のポイントは、以下の通りです。

●人間には、サラリーマンタイプと
起業家タイプの人がいる

●サラリーマンタイプの人間は、
「自力」で何とかしようとする。

例えば、お金を投資しないで、自分で
何とかしようとしている

●一方、起業家タイプは、最初に自己投資をして
「他力」をうまく活用し、それから「自力」で
何とかしている

この順番を間違うと
成功できない

もしくは、成功までの時間が
かなり長くなってしまう。

確かに自分のケースに置き換えて
考えてみるとその通りでした!

起業する前、3日間で30万円する
ジェイ・エイブラハムのビデオ
セミナー
に参加したことを
思い出しました。

当時、サラリーマンだった私にとって
平日、会社を3日間休み、30万円投資
するのは、簡単ではありませんでした。

でも、直感を信じて、無料体験会当日に
申込みをしています。

生まれて初めて、高額セミナーに
申込みをしたのです。

でもそのお蔭で、独立起業初年度から
年商1500万円を達成する
ことができたのです。

最初に自己投資をして
「ジェイ・エイブラハム」という
「他力」を活用させてもらいました。

起業して成功している人は
圧倒的に少ないのが現状です。

その原因の一つは、自己投資を惜しんで
最初から「自力」で何とかしようと思っているから
かも知れませんね。

最初は「他力」が重要です!

そういう意味では
「一人起業アカデミー」
で桑原正守さんと私の力を
うまくご活用頂ければと思います。

もう一つ、他力を使って起業して頂ける
講座があります。それは・・・

「キネシオロジーセラピスト起業アカデミー」
です。このアカデミーに関する体験セミナーを
8月31日と9月12日に開催します!

————————————-
人間の4大悩みを解決する!
キネシオロジーマスターコースと
キネシオロジーセラピスト起業アカデミー
の体験セミナーの詳細はこちら!

————————————-

自分の潜在意識にアクセスして
最適な回答を得たい方

他人の潜在意識にアクセスして
悩みを解決したいと思っている方は
宜しければ、体験セミナーへ
ご参加くださいね。

そして、メイン講師の「白木原雪乃さん」や私の
他力をうまく活用してくださいね。

今は、お盆休みの人が多いと思います。
良いお盆休みをお過ごしくださいね!

それでは、本日のブログ
「気づきのシェア」は、ここまでに
したいと思います。

戦略企画ドットコム通信。業績アップのノウハウが詰まった門外不出のメルマガをついに解禁

このエントリーをはてなブックマークに追加

プレゼン資料の作り方に関する気づきとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
戦略企画ドットコムの三宅巧一です。

まずは冒頭でお知らせがあります。

新しいコンセプトの
無料オンライン講座
を開講します!

ちなみに今回の無料講座は

「WordPress集客関係」

では、ありません。

このコンセプトになります!

————————————–
人間が抱える4大悩みである「人間関係」
「お金」「健康」「将来」に関する
悩みを”ある手法”一つで解決する方法
————————————–

今までの無料オンライン講座は
すべてWordPressを活用した集客
に関する講座でした。

でも、今回は、私が主催している
「All in one WordPressブログ集客塾」
(略して「AWBM塾」)の第1期生である

白木原雪乃さんとのコラボ企画になります。

こうやって塾生さんとコラボ
できるのは、とてもうれしいですね。
理想的な展開になっています。

今回は・・・

(1)「三宅巧一」×「白木原雪乃」対談動画
テーマ:人間が抱える4大悩みを
“ある手法”で解決する方法

(2)全3回・完全無料オンライン講座

(3)参加者限定・3大特典付

という構成になっています。

悩みを抱えていない人は、いないと
思いますので、ほぼすべての人に
お役に立てる講座になっています。

この一連の企画に関しては、
私がプロデュースしています。

そして、対談動画、全3回の講座
にも出演
しています(^^)

とても興味深い内容に仕上げているので
まずは、こちらのページをご覧
くださいね。

登録直後は、
「三宅巧一」×「白木原雪乃」対談動画
を見ることができます。

対談テーマは・・・

「人間が抱える4大悩みを
”ある手法”で解決する方法」

です。

コメントも待ってますね(^^)

さて・・・
本日のブログ「気づきのシェア」は
「プレゼン資料の作り方に関する気づきとは?」
というテーマでお届けしますね。

最近、「AWBM塾」「セミナーセールスコース」
一般向けセミナーなど、セミナー講師を
する機会が増えてきました。

そのため、パワポでプレゼン資料を
作る機会が多い
です。

プレゼン資料というか、セミナーで
伝えたい内容を補足するような
資料ですね。

そして「セミナーセールスコース」
では、効果的なプレゼン資料の
作り方
を教えています。

そのため、プレゼン資料の作り方に
関する情報を収集し、学んでいました。

で、何で学んでいるか?
ですが・・・

「スティーブジョブズ
のプレゼン手法」

です。

具体的には、

「スティーブジョブズ
驚異のプレゼン」

という書籍です。

そこで今日は、少しだけ学んだこと
をシェアしますね。

一番の学び、それは・・・

「シンプル!」

です。

とにかく「シンプルにすること!」
がポイントとのことです。

セミナー講師経験がある方は、何となく
分かると思いますが、どうしても
いろんなことを伝えようとして

パワポやプレゼン資料にいろんな
情報を書き込んでしまいます。

でも、それだと、受講者は、パワポに
書いてあることをメモするようになり、

スピーカーを注目するのではなく
スライドを注目するように
なってしまいます。

そうなると、スピーカーの話が
全く頭の中に残りません。

心理学者ヘルマン・エビングハウス
の忘却曲線
によると

人間は、1日後には学んだことの
74%を忘れてしまいます。

いかに記憶に残すことができるか?
これがポイントになりますね。

プレゼン資料は、補助的な役割なので
やはりスピーカーとしての
伝える力を磨く必要が
あると思います。

そう言われてみると、私が受講者
としてセミナーに参加した時

よく覚えている内容は、
プレゼン資料に書いてある内容
ではなくて

スピーカーの”ストーリー”や
”例え話”です。

なので、セミナーで講師をする人は
ストーリーや例え話の達人
なる必要があります。

プレゼン資料は、本当にシンプルで
OKです。私のパワポ資料も以前に比べると
随分シンプルになってきました。

更に余計なものをそぎ落とし
受講者の記憶に刺さる様な話が
できるように

そして、最終的には行動に移して
もらえるようなスピーカーに
なれるよう、努力を続けたい
と思います。

やはり、良い話が聞けた
だけだと、全然意味がないので

「行動を起こしてもらう!」
ことにフォーカスしたいと
思います。

そう考えると、普段お伝えしている
コンテンツ量が多すぎる
かも
知れません。

これは、新たな気づきでした。

ということで、まとめると
「プレゼン資料の作り方のポイントは
とにかくシンプルにすること!」

になりますね。

これは、プレゼン資料に限らず
いろんな資料にも言えることですね。

シンプルに重要なことを記憶に
残るように伝える、これを
極めたいですね。

参考にして頂けると幸いです。

それでは、本日のブログ「気づきのシェア」
はここまでにしたいと思います。
良い週末を!

戦略企画ドットコム通信。業績アップのノウハウが詰まった門外不出のメルマガをついに解禁

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスパートナーを選ぶポイントとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
戦略企画ドットコムの三宅巧一です。

6月7日(土)は、AWBM塾・第2期・3回目セミナー

6月8日(日)は、セミナーセールスコース
第1期・1回目のセミナ

そして、6月9日(月)は、新プロジェクトの撮影

というハードスケジュールが続き
今日、やっと落ち着けました。

いろんなことが盛り沢山です。
でも、とても充実しています(^^)

昨日撮影した新プロジェクトは、単独開催
ではなく、ビジネスパートナーとの
コラボ企画
になります。

私は、2009年に独立起業してから
基本的に単独でプロジェクトを回して
いたのですが、2014年は、2つのコラボ
企画にチャレンジ
しています。

コラボなので、ビジネスパートナー選びが
非常に重要な要素になります。

そこで、今回のブログ「気づきのシェア」は
「ビジネスパートナーを選ぶポイントとは?」
というテーマでお届けしたいと思います。

■ビジネスパートナーを選ぶポイント1:
理念・ビジョン・ミッション
に関する方向性が同じであること

これは、非常に大切なポイントです。
やはり同じ方向を向いていないと、話が
なかなかまとまらないので、前に進めない
と思います。

私の場合は、自分の理念が
「グローバルプロフェッショナルの創出」
なので、この理念に共感して頂けること

そして、ビジネスパートナーの
理念・ビジョン・ミッションに関する
ベクトルが同じ方向を向いていること

を一番のポイントにしています。

いくら実力があり、組めば成功間違いなし
と思えるビジネスパートナーが見つかった
としても、この根本となるところが
合わないと組めないですね。

■ビジネスパートナーを選ぶポイント2:
既に単独で十分な実績を上げていること

よく、最初からビジネスパートナーを
探している人を見かけますが、まず
うまく行かないと思います。

やはり、最初は一匹狼で、十分な実績を
上げる必要があります。できれば
ある分野において、第一人者に
なることが重要です。

そうすれば、自然に最適なビジネス
パートナーが現れる
と思います。

私の場合、2014年は営業の神様と
言われている「桑原正守さん」
とビジネスパートナーを組む
ことができました。

そして、キネシオロジーの業界
トップクラスにいる「白木原雪乃さん」
ともビジネスパートナーとして
新しいプロジェクトを立上げます。

いずれも、自然な流れでパートナーを
組むことになり、現在、取り組んで
いるところです。

お二人とも、その業界においては、
トップクラスの実績を
上げている方です。

私も「広告宣伝費0円のWordPress集客」
に関しては、第一人者としての
実績を上げています。

やはり、何かの分野で一番、あるいは
トップ3ぐらいになることが重要
だと思います。

一方でうまく行っていないケースは、
弱い者同士でビジネスパートナー
として組んでしまうこと
です。

元々弱いので、弱い者同士が組んでも
シナジー効果は得られません。

まずは、自分で実績を上げる
必要があります。

■ビジネスパートナーを選ぶポイント3:
自分と異なる強みを持ち、
補間関係にあること

似たもの同士、つまり同じような
スキルや考え方のビジネスパートナーの
場合、自分と同じようなことしかできない
ことになります。

また、感情面でも同じ傾向にあると
(例えば、怒るポイントが同じなど)
カバーし合うことができません。

これでは、組む意味がないですよね。

例えば、「桑原正守さん」は、
リアルに非常に強く、営業が得意です。

一方、私はネット集客、マーケティング
に強いので、かなり強力な補間関係
にあります。

もう、鬼に金棒状態です(笑)。

「白木原雪乃さん」の場合は、
キネシオロジーが得意で、私が
持っていないものを持っています。

一方、ネット集客は苦手なので、
得意である私がメインで担当する方が
うまく行きます。

このように自分とは全く異なる強みを持ち
補間関係にあるビジネスパートナーを
選ぶのが理想
ですね。

ビジネスパートナー選びの
参考にして頂ければと思います。

それでは、本日のブログ「気づきのシェア」
はここまでにしたいと思います。

戦略企画ドットコム通信。業績アップのノウハウが詰まった門外不出のメルマガをついに解禁

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム > タグ > 意味

カレンダー
« 9 月 2017 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る